四国吉野川ツーリング

今回は早明浦ダム直下からツーリングをしてきた。

コースは山崎ダムまでの上流域。

このコースはダムの放水量に大きく左右されるので、午前中の放水量を見ていると20トン前後。

本当は50トン程度ほしいが時期的に厳しいので諦めてこの水量で行ってみることに。

 

f:id:miz_shosa:20141004130457j:plain

まずは到着地点の山崎ダムに回送用の自転車をスタンバイ。

その後早明浦ダムへ。

 

f:id:miz_shosa:20141004132459j:plain

早明浦ダム

残念ながらついた時点では放水量ゼロ・・・。

悔しいが、いまさらどうにもならないので直下に広いスペースがあるのでここに駐車して出発。

 

f:id:miz_shosa:20141004145111j:plain

沈下橋右岸に病院と嶺北中学校が見えてくる。

このあたりに寺家の瀬があるはずだが、この水量だと瀬はまったく存在しなかった。

f:id:miz_shosa:20141004150559j:plain

1時間ほどでMOC本山が見えてくる。

 

f:id:miz_shosa:20141004150747j:plain

この橋の下も水量があれば軽い瀬になっているが、完全にフラット。

 

f:id:miz_shosa:20141004150959j:plain

対岸の帰全山公園キャンプ場。

いつ見てもただの河原にしか見えないが・・・。

f:id:miz_shosa:20141004151806j:plain

途中の河原で休憩。

この時期になってくると常に艇の中に水が入ってくるビオビオⅡは少し寒い。

 

f:id:miz_shosa:20141004153701j:plain

この区間2本目の沈下橋

 

f:id:miz_shosa:20141004165228j:plain

ゴール地点の山崎ダム。

右岸から上がれなくもないがかなりのヤブ漕ぎになるので、コンクリートのところからダムを超えて一旦漕いで、右岸のスロープから上がるほうが安全。

 

11.7キロ、所要時間3時間(休憩込み)

放水量がなかった為、瀬と呼べる場所は帰全山公園を超えたところの瀬だけだった。

このコースはやはり早明浦ダムの放水量が安定している時期に下らないとホワイトウォーター艇には辛い。

逆にいうとツーリング艇には最適ではあるが。

 

自転車での回送は35分。

歩道の多いコースで勾配もそれほどきつくないので楽だった。

 

※追記

早明浦ダムの放水予定は0887-76-2260に電話することにより確認可能。

 

 

コメントを残す