2018年初漕ぎ

 

今日は初漕ぎでした。

・・・とはいっても年末の漕ぎ納めから日数でいうと中3日です。

きっつー。

まずは新年恒例の岩本神社で安全祈願を。

初漕ぎは川口のウェーブ狙いでアドプレから川口までの小歩危ベリーショートです。

アドプレは水量少なくて岩が見えまくり。

万が一沈したら・・・。

無事に通過してすぐに鮎戸の瀬。

久しぶりなので隊長を含め全員で下見。

水位17cmでもさすがは小歩危最後の大銘柄の瀬だけあって素晴らしいパワー。

隊長がお手本コースを示してくれますが・・・。

お手本にならないのでエディとるのはやめてほしい。

インした後にめずらしくぐらついてましたがあの状況でリカバるのは流石です。

我輩も含め全員無難に通過して一安心です。

アドデザートのウェーブが良い感じで少し遊ぶ。

その後最終目的地の川口ウェーブへ。

ちょっと難しくてベテラン組もスピンに苦戦していました。

隊長は休憩中兼写真撮影中だったので写真はありません。

13時頃に終了。

漕ぎ納めは下名のホールで沈しまくりでしんどかったのですが、初漕ぎはウェーブだったので沈も少なく楽しかったです。

楽しい初漕ぎとなりました。

池田ダム流入量 (10:00) 37.19t (13:00) 30.25t

大豊水位計 (10:00) 0.17m (13:00) 0.19m

下名水位計 (10:00) 1.53m (13:00) 1.53m

大豊水温計 (10:00) 7.0℃ (13:00) 7.0℃

ボケボケ詐欺再び

まいど、うじです。

2日休んで再び大歩危へ・・・。

と思いきや鉄橋ホールを絡めた小歩危ショートでした。

突然の小歩危宣言にN部長は凍りついています。

そうです、これが噂のボケボケ詐欺というやつです。

 

小歩危なので堂床からスタートです。

風は冷たいし、水温は2日前と比べて1.5℃も下がっていて寒い。

 

こんなに寒いのに本日の参加者8名。

みんなクレイジーですね。

特に兄弟子に至っては「日曜日は自治会行事なので休む」といっていたのに直前で嫁に押し付け自分は鉄橋ホール遊び♪という暴挙ぶり。

 

とにかく寒いので早々に鉄橋ホールにたどり着き延々とプレイ。

たとえ沈してもじっとしているよりは暖かい。

今日は人数がいるのでインターバルも長くて良い感じ。

 

明らかに装備が薄いお役人様が寒くて限界ということでダウンリバー再開。

この後は森囲いの瀬です、いややー。

 

ボケボケ詐欺にあったN部長はここはパスです。

マンバは隊長が回送してくれました。

 

お役人様と一緒に左岸コースを行きましたがこれが完全にミスチョイス。

浅いし岩だらけで酷い目に遭いました。

怪我しなくて良かったです。

 

(勝手に)二段の瀬を下ったところで終了。

N部長、突然のボケボケ詐欺でかなりやられていましたが無事に終わってよかったですね。

 

 

池田ダム流入量 (10:00) 49.35t (14:00) 38.90t

大豊水位計 (10:00) 0.37m (14:00) 0.35m

下名水位計 (10:00) 1.59m (14:00) 1.57m

大豊水温計 (10:00) 10.6℃ (14:00) 10.7℃

 

冬水位突入

まいど、うじです。

早明浦ダムの放水も終わり、吉野川は冬水位に突入です。

 

鉄橋ホールがちょうど良い水位ということで堂床からサンリバーまでと全長1キロ程度の超ショートコース。

 

堂床の瀬でウォーミングアップ。

ウェーブが良い感じで結構遊びました。

 

鉄橋の瀬を下り

 

目的の鉄橋ホールです。

 

かなりガッツリ遊びました。

今年の冬はここでスピンをマスターするのが目標です。

 

W氏「寒いしそろそろカヤックはシーズンオフだなー」

お師匠様「何を言っとるか、バカもん!」

 

池田ダム流入量 (10:00) 47.56t (14:00) 51.02t

大豊水位計 (10:00) 0.42m (14:00) 0.42m

下名水位計 (10:00) 1.63m (14:00) 1.63m

大豊水温計 (10:00) 18.7℃ (14:00) 18.8℃

マイナス水位の小歩危

今日は 1ヶ月半ぶりのカヤック。

しかし今年に入ってからまともに雨が降っておらず水位は低下する一方。

そして本日の大豊水位計はマイナス8cm。

漕ぐ場所もスポットもないので小歩危の川口の瀬のウェーブ狙いでアドプレからスタートです。

 

アドプレも岩だらけ。

沈したらきっと悲惨な目にあいそう。

 

鮎戸の瀬はスカウティングです。

 

こちらも岩が出まくりで上流沈したら悲惨な目にあいそう。

 

そして期待を裏切らずに上流沈する我輩。

 

幸いどこもうちませんでした。

K原さんが最後の落ち込み右のエディーに張り付いてしまい沈脱されておりました。

 

アドデザートも川口の瀬も期待していたような遊び場はなく1時間で終了。

ちょっとこの水位だと厳しいですね。

 

久しぶりのカヤックですが、運動不足でカラダはガチガチ、スプレースカートは固くて入らない、デジカメは忘れるなど良いことなし。

特に運動不足は深刻で1時間しか漕いでいないのに疲れました。

有酸素運動とストレッチをしないといけませんね。

 

池田ダム流入量 (10:00) 32.95t (12:00) 33.78t

大豊水位計 (10:00) -0.08m (12:00) -0.08m

下名水位計 (10:00) 1.53m (12:00) 1.53m

大豊水温計 (10:00) 7.2℃ (12:00) 7.9℃

ボケボケ詐欺

まいど、うじです。

今日は詐欺に遭いました。

事前に小歩危かもーという噂があったので念のため当日の朝「ラピス集合(大歩危の場合の集合地点)で良いでしょうか?」と確認したところ隊長から「いつも通りです」と返事があったので安堵して道の駅ラピス大歩危へ向かいました。

すると、遊び場所がないということで突如小歩危コースに変更となりました。

 

一昔前に流行ったいわゆるボケボケ詐欺というやつです。

 

※注 ボケボケ詐欺とは「ボケだよボケ!!」と、この前に付く大小の頭文字を省略していかにも大歩危へ行くと見せかけ小歩危に行きたくない素人を巧妙な手口で誘い出し、精神および肉体(艇)を奈落に突き落とすという類まれに見る凶悪な詐欺である。

 

ただし今回は鉄橋ホール狙いのため小歩危駅付近での上がりなので難所の大滝と曲がり戸はありません。

 

堂床スロープから4名で出発です。

 

WESTWESTの少し上流にあるウェーブで軽く練習。

 

川からWESTWESTを眺めるのは2年前のモンベルスクール以来だ。

あれからもう2年半かぁと感慨深い。

 


鉄橋の瀬を下る。

隊長曰くここは豊永下段の瀬くらい。

 

本日の遊び場、鉄橋ホール。

 

これまでホールでの練習をあまりしてこなかったので、かなりやられました。

スポット大好きな若いおなごと最近スピンを掴みかけて夢中なK原さん、そしてスポットさえあれば延々と遊んでいられる隊長。

この変態3名が揃ったこともありここで延々と2時間半近く練習。

 

森囲いの瀬は初めてなのでスカウティング。

しかし、結果は核心部のちょい手前で沈してしまい最後のホールにガッツリ巻かれました。

冬水位なのに夏水位の大歩危のどの瀬よりもパワフルだし何より浅いから当たるとヤバい。

小歩危の恐ろしさを痛感しました・・・。

 

最後に二段の瀬を下って終了。

ここも夏水位の三段の瀬くらいのパワーですね。

 

15時にゴールしましたが、二段の瀬から小歩危駅前に上がるルートはキツイですね。

鉄橋ホールで体力を使い尽くし、森囲いの瀬でトドメをさされたカラダには堪えました・・・。

 

小歩危を分割で漕いだのは2回目。

残すは小歩危一番の落差を誇る大滝の瀬と一番の難易度を誇る曲り戸の瀬。

はたして行く日は来るのでしょうか・・・。

 

本日からフルドライスーツに衣替えしましたが正解でした。

スポットプレイは通常のダウンリバーと比べても濡れている時間帯が長いのでちょうど良かったくらい。

ここから来年の4月頃まで約半年はフルドライスーツで行きます。

 

池田ダム流入量 (10:00) 51.83t (15:00) 41.82t

大豊水位計 (10:00) 0.40m (15:00) 0.40m

下名水位計 (10:00) 1.64m (15:00) 1.63m

大豊水温計 (10:00)15.1℃ (15:00)15.1℃