リハビリ3回目

3週連続で川へ。

さすがに3週続けて漕ぐと良い感じだ。

1か月とか空くとすべてリセットされてしまうけど、1週間のインターバルならカラダがまだ漕ぐ間隔を覚えてる。

それでもリハビリは穴内から岩原コース。

いや、このコースホント良いんです。

穴内から豊永までは4つの瀬(+チャラ瀬が1つ)があって、順々に強くなっていくんだけど。

2番目の瀬はエディが左右にあるので良い練習場になるし、4番目の最後の瀬である犬鳴きの瀬は大歩危クラスのパワーになってくるのでスイッチを入れるにはちょうど良いと思う。

ここから豊永までの瀞場はしんどいけどね(笑)

まあここはストロークの練習ってことで。

あと、この区間を漕いでから豊永を下り始めるのと、いきなり豊永から下り始めるのだと全然違うんだよね。

カラダが温まっていない、ほぐれていない、というかそうゆうやつ。

豊永スタートだといきなりの豊永上下段で大抵ロクなことにならないとか、ただウォームアップ程度にチキンルートで下るとか、そんなかんじになるんだよね。

少なくとも自分程度のレベルのカヤッカーの話だけど(笑)

逆に穴内からくると後半戦だから、結構いける。

エディねらってみようかなとか、いつもと違ったラインで下ってみようかなとか。

ゴールが近いから余力を残しておく必要もないので3段の瀬も岩原の瀬も瀬遊びにチャレンジしやすい。

うん、このコースはベストだな。

隊長はついてきてくれんけど(笑)

豊永でいつも通り下段のスカウティングしてたら軍曹が下っていたので盗撮。

コースが参考になったよ。

最後のエディは今の我輩にはとてもとれんけど。

リハビリ2回目

まいど、うじです。

先週に続き川へやってまいりました。

今回は穴内川合流地点から岩原へ、約一年ぶりの大歩危です。

久しぶりなので何より恐ろしいのが豊永下段の瀬。

今の流れに代わってから満足に漕いでいないのもありますが、何分ベストなラインがわからないので難儀します。

もう新たにできた右岸のチキンルート通ってしまおうかな(笑)

三段の瀬、岩原の瀬も豊永の瀬ほどではないですが緊張です。

先週同様の大豊90cm前後でしたが、それよりも多い感じがしました。

まあぼちぼちリハビリがんばります。

そろそろ買ってからまったく乗ってないFUNにも乗らないとな。

2021年初漕ぎ(遅)

まいど、うじです。

今年は1月3日に右脛骨高原骨折をしてしまい、長期離脱を余儀なくされてましたが先日のCT撮影でほぼ問題ないレベルになっているということですべての制限が解除されたので、もう一年の半分以上過ぎていますが本日ようやく初漕ぎです。

リハビリなので定番の山崎ダムから豊永です。

水量は大豊0.9m前後と前日までの降雨でやや高め。

そういえば閑居に引っ越しして以来はキャンプから遠ざかってしまいカヤックの搬送用にしか使用していなかったマツダMPVですが、あまりにほおっておいたせいかオルタネーターが死亡してしまいそのまま廃車となりました。

コロナ禍で我が家に多人数で遊びに来る人もいない状況ですし、当面はハスラーと軽トラの2台体制でいく予定です。

7か月ぶりのカヤックでいきなり最初の瀬で租沈するなど相変わらずでしたが、思っていたよりは漕げました。

脚のケガも大きな影響はなさそうです。

犬鳴きの瀬ですが、右岸側は荒れてましたが、逆に左岸側がのっぺりとしていたので漕ぎやすく残念ながら名シーンもなく無難に下っていきました。

我輩はいつもの場所に突っ込んでみましたがいつも通り秒殺されました。

N氏よりロールが素晴らしいと動画を送っていただきましたが、褒められてるのかネタなのか・・・。

できればここで一度くらいは美しく回してみたいものです。

でも久しぶりの川は気持ちよかったです。

あと1、2回は上流でリハビリかなあ~。

そういえば隊長も手首の治療で2か月ほど療養しています。

あの隊長が2か月も療養でカヤックを我慢してるとか・・・、普通にありえなくてビックリです(良いことですが)

そのせいで観測史上最速で四国は梅雨入りしたのかも・・・。

諸事

まいど、うじです。

ご無沙汰しております。

全然更新してませんが、意外と漕いでたりしますよ。

この3か月で仁淀川が1回、大豊コースが3回、大歩危が2回でした。

リハビリの方のヘルプで呼ばれて漕ぎにいくことが多いです。

数年ぶりに仁淀川を漕ぎましたがキレイですね。

吉野川も水はキレイなのですが、地形的な利もあって仁淀川はキレイさが際立つ気がします。

ただ、単調なのでロングツーリングはやはり飽きますが(笑)

仁淀川や吉野川の大豊コースでは最近コイツを引っ張り出してきて乗っています。

3年ぶりくらいに乗りましたが、長い艇は推進力がすばらしく瀞場を漕いでいてもプレイボートよりずっと快適です。

反面曲げるのが大変でプレイボートのように小手先で曲げようとしてもちーっとも曲がりません。

なのでこれでエディをとったりする練習もタメになるなとあらためて感じました。

長い艇には長い艇なりの良さがありますね。

来シーズンはプレイボートをしばし封印してFUNを中心に乗っていこうかと思っています。

大豊コースでゴールしたときに、豊永のスタート地点にドクターヘリが下りてくるのを初めて目撃しました。

猪ノ鼻トンネルですが、いよいよ開通まで一か月切りました。

開通日はたまたま日曜日なのでせっかくだからカヤックに行きたいと思いましたが、あいにく資格試験日とぶつかってしまったのでまた後日になりそうです。

一方でこの冬シーズン中は

・依頼された木を伐採して薪作り

・家の向かいの山にユンボで林道を作って竹林の搬出道を作る

・林道の奥の方を整地してプライベートキャンプ場の準備

・畑周りの整地とイノシシの駆除

とやることが山積みです。

特に今の閑居に引っ越ししてまだ二年半弱なのですが、我輩に頼めば木をタダで伐採してもっていってくれるという情報が出回っているようで自治会の方々から木の伐採依頼がやたらきます(笑)

まあ林業もアウトドアもカヤックもぼちぼちがんばります。

ではまた。

少し多めの大歩危へ

まいど、うじです。

今年の梅雨は長いですね。

そのせいで吉野川もずーっと増水していてなかなか行けませんでした。

この週末は1.3mまで落ちていたのでちょっと多いかな・・・とも思いつつ行ってきました。

ボケファンの神戸支部もきていたので総勢10名のダウンリバーでした。

これだけいれば安心できます。

大豊水位が1.3mですが支流からの流入が多いようでこれより下流域の水位は高めな雰囲気です。

岩原のホールで犠牲者が1名でました。

阿波の役人は先日の3m超水位と比べると物足りないようで、シットオンカヤックもどき?の謎のプレイを始めました。

サポート部隊をつけて瀬に突入します。

さて、結果は・・・!?

ブレブレですいません

敢え無く散りました。

沈脱してもパドルを使って器用に前漕ぎもします、さすが。

本人は数年ぶりに沈脱したとかいってましたが、そもそも最初からカヤックに入っていないのでこれはただの沈です

国境の瀬です。

増水時はここが一番厄介です。

我輩も以前の増水で沈脱し、なかなか浮き上がれない苦い思い出が・・・。

幸いなことに本日の生贄は我輩ではなくMYC氏でした。

ずいぶん長いことホールに巻かれていたようです。

水位的に一番遊べるかと思っていた国境の瀬下のウェーブですが、残念ながらイマイチでした(漕ぎあがりもしにくい)

さて、あまり漕いでいない我輩にとっては今年一番の水位なので大丈夫かな・・・と心配気味でスタートしましたが終わってみれば意外といけたかなという感じでした。

でも増水すると普段ない場所にホールが現れるので十分な注意が必要だなと改めて感じました。

特に2mくらいまでは岩原の瀬と国境の瀬は要注意ですね。

隊長は3m超の増水時に誰も来ないなんてもったいない!などといってますが、たしかに3m超の水位は大迫力で早々味わえないものです。

ただその分リスクも高いです。

特に普段はなんでもない静水でも3m超になると至る所に渦が巻いていて万が一沈脱するとなかなか上がれませんし、レスキューするにもかなりの距離を流されるためそれなりの人数と体制が必要になります。

ボケファンの夏メンバーでも3m超を安全にいけるのは隊長・阿波の役人・MRさん・四万十の主の4名くらいかもしれません。

お師匠さまは・・・もう70歳なのでそんな無茶はされないでしょう!

みなさまも増水時に大歩危を漕がれる際は十分注意してほしいと心から思います。