少し多めの大歩危へ

まいど、うじです。

今年の梅雨は長いですね。

そのせいで吉野川もずーっと増水していてなかなか行けませんでした。

この週末は1.3mまで落ちていたのでちょっと多いかな・・・とも思いつつ行ってきました。

ボケファンの神戸支部もきていたので総勢10名のダウンリバーでした。

これだけいれば安心できます。

大豊水位が1.3mですが支流からの流入が多いようでこれより下流域の水位は高めな雰囲気です。

岩原のホールで犠牲者が1名でました。

阿波の役人は先日の3m超水位と比べると物足りないようで、シットオンカヤックもどき?の謎のプレイを始めました。

サポート部隊をつけて瀬に突入します。

さて、結果は・・・!?

ブレブレですいません

敢え無く散りました。

沈脱してもパドルを使って器用に前漕ぎもします、さすが。

本人は数年ぶりに沈脱したとかいってましたが、そもそも最初からカヤックに入っていないのでこれはただの沈です

国境の瀬です。

増水時はここが一番厄介です。

我輩も以前の増水で沈脱し、なかなか浮き上がれない苦い思い出が・・・。

幸いなことに本日の生贄は我輩ではなくMYC氏でした。

ずいぶん長いことホールに巻かれていたようです。

水位的に一番遊べるかと思っていた国境の瀬下のウェーブですが、残念ながらイマイチでした(漕ぎあがりもしにくい)

さて、あまり漕いでいない我輩にとっては今年一番の水位なので大丈夫かな・・・と心配気味でスタートしましたが終わってみれば意外といけたかなという感じでした。

でも増水すると普段ない場所にホールが現れるので十分な注意が必要だなと改めて感じました。

特に2mくらいまでは岩原の瀬と国境の瀬は要注意ですね。

隊長は3m超の増水時に誰も来ないなんてもったいない!などといってますが、たしかに3m超の水位は大迫力で早々味わえないものです。

ただその分リスクも高いです。

特に普段はなんでもない静水でも3m超になると至る所に渦が巻いていて万が一沈脱するとなかなか上がれませんし、レスキューするにもかなりの距離を流されるためそれなりの人数と体制が必要になります。

ボケファンの夏メンバーでも3m超を安全にいけるのは隊長・阿波の役人・MRさん・四万十の主の4名くらいかもしれません。

お師匠さまは・・・もう70歳なのでそんな無茶はされないでしょう!

みなさまも増水時に大歩危を漕がれる際は十分注意してほしいと心から思います。

畑の合間

まいど、うじです。

最近は畑仕事で多忙な日々を送っています。

今日も畑仕事の予定だったけど、少し時間がとれたので突貫で大歩危へ。

13時までには戻りたいので我輩だけ豊永から岩原までの大歩危ショートです。

大歩危までの所要時間はだいたい55分前後。

最近はこれでも遠いな~と感じてしまったりするのですが、そんなことをいうと3時間とか4時間かけて四国内から来ているメンバーに申し訳ないので表立っては言わないでおく。

早く猪ノ鼻トンネルが開通してほしいな~。

豊永のスタート地点ではラフトが数艇出ていました。

でもマスクしながらのラフティングって濡れたらどうなるんだろう・・・。

久しぶりの豊永スタートです。

豊永下段の瀬は人工物のせいで左→右と漕がなくてはいけなくなったので、ちょっと嫌です。

前のように頻繁に漕いでいればまだ楽なのかもしれませんが・・・。

三段の瀬ですが、二段目の瀬を落ちた瞬間にシートフックが外れてしまいあわや沈脱かと焦りました。

なんとか膝で耐えてロールで上がりましたが個人的にジャクソンカヤックのシートフックはこういった状況で外れやすいのであまり好きではありません。

この点はWavesportsのときのようなシートフックが良かったですね。

当然カメラがセットされていたのでしごかれます。

落とされながらがんばりましたが、たいして何もできません。

そうこうしているうちに12時になってしまったので先に離脱しました。

久しぶりの岩原の瀬も緊張しましたが幸い水位もそこまで高くなく下りやすかったです。

初漕ぎ

すでに6月に入りましたがここにきてようやく2020年初漕ぎ、おそっ!

ここまで遅れたのは竹林業の影響7割、コロナの影響3割といったところですが。

所用があったため、本日は遅れて岩原から合流。

久しぶりに眺める吉野川はとてもキレイだ。

ちなみにTOPSは今月いっぱいは休みのようだ。

サファリも閉業したし、ただでさえ季節限定営業のラフト業界には辛いシーズンになりそう。

さて、半年ぶりのカヤックだがなんといきなりの船酔い(笑)

あとこれは元からなのだけど、慣れるまで川の独特な臭いにやられるのでしょうか、猛烈な嘔吐に襲われ酷い目にあう始末。

静水スタートでホント良かった・・・。

1時間ほどして豊永出発組が下ってきた。

久しぶりな方も何名かいるので素敵なショットがとれるかと思い、わざわざ上陸してカメラを構えたのだけど、残念ながらみな無難に下ってくる・・・。

我輩を入れて本日7名。

久しぶりの大所帯です。

よくみると隊長のカヤックが違います。

なんと新艇です。

しかも結構大きい!

あの07しか乗らないの隊長が新艇とは驚きですね!!

久しぶりなので写真を撮る余裕はありません。

国境の瀬もドキドキしながら下りましたがなんとか無沈で下る。

とかいってたら下名上段でやられたり、ラピス大歩危下の瀬でやられたりと散々です。

久しぶりのまんなか。

今年の鯉のぼりはあれ、これから?とか一瞬思ってしまいました。

登り口もあまり通行人がいないせいか草がよく伸びていましたし、ホテルも今月いっぱい閉鎖しているので通行口が封鎖されていてちょっと不便。

岩原からまんなかでしたがめっちゃ疲れました。

でも久しぶりのダウンリバーは水量も天気もちょうど良く気持ちよかったです。

国道32号 猪ノ鼻道路 年内開通予定

ご無沙汰、うじです。

国道32号線の徳島県三好市と香川県三豊市を結ぶ猪ノ鼻道路(新猪ノ鼻トンネル)ですが年内中の開通予定が決まったようです。

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1254527.html

正式な開通日はまだ決定していないようですが、年内が決定したので一安心。

この区間の所要時間が10分短縮されるということで楽しみです。

瀬戸大橋経由で大歩危小歩危へ遠征されてくる方は善通寺インターで降りて猪ノ鼻峠経由で来る方が多いと思われますので、運転が楽になる&時間短縮ということでかなりメリットがあることでしょう。

我輩もボケに行きやすくなります。

えっ、お前全然漕いでないだろ!って?

コロナ制限も一旦解除されることだし、近々復帰しますよ!

断食大歩危

2ヶ月ぶりに大歩危へやってきました。

岩原からスタート

2ヶ月ぶりにやってきた大歩危はすっかり冬の気配。

まあ、12月なので当然ですが。

久しぶりだと必ず忘れるのがカメラ。

充電器に刺して別室に置いているので、いつも忘れてしまう。

あとスプレースカートもいつもと違うのを持ってきてしまい、全然伸びない。

隊長が指をやったようです(笑)

今日は6名と久しぶりに大所帯。

初代兄弟子のMyc氏が戻ってきました。

3年間漕いでいなかったということでまだまだリハビリ中。

カメラを忘れたことが悔やまれます。

あと冬になったということでNGO氏も戻ってきました。

冬しか漕がないなんて本当にドMです(爆)

東京から久しぶりに福くんがきました。

相変わらず元気で、静水でも流水でも縦にも横にも回転しまくってました。

今日は大歩危橋の下をねらっているようですが、途中のスポットを拾いまくるので(いつもどおり)なかなか進みません。

国境の瀬で休憩を検討するも少し早いということでパス。

その後も陽のあたる場所がなかなかなく、結局断食したまま大歩危橋下のスポットにたどり着きました。

すでに左岸側には一切陽はあたっておらず寒すぎて休憩もままならない状況なので、初代兄弟子と二代目兄弟子と我輩はほどほどにしてエディで待機。

隊長とNGO氏と福くんの3名でひたすら回していましたが、だいぶ疲れてきたようであと3回で終わろうと隊長Say。

そして終了直後、あまりの断食に耐えきれずにNGO氏が餓死(沈脱)

NGO氏の沈脱は初見なのでカメラを忘れたことを心の底から後悔しました。

漕ぎ始めるまでは寒かったのですが、水面に出てしまえば意外は平気でした。

ただ、今日からフルドライにしたのですがゴールしたときには中が水浸しでした。

ファスナーを締め忘れたのか、首か手のラテックスが弱くなってきたのかと疑いましたが、おそらく経年劣化で繋ぎ目部分から侵入してきている可能性が高いです。

そろそろフルドライスーツを買い替え時かもしれません。