マイナス水位の小歩危

今日は 1ヶ月半ぶりのカヤック。

しかし今年に入ってからまともに雨が降っておらず水位は低下する一方。

そして本日の大豊水位計はマイナス8cm。

漕ぐ場所もスポットもないので小歩危の川口の瀬のウェーブ狙いでアドプレからスタートです。

 

アドプレも岩だらけ。

沈したらきっと悲惨な目にあいそう。

 

鮎戸の瀬はスカウティングです。

 

こちらも岩が出まくりで上流沈したら悲惨な目にあいそう。

 

そして期待を裏切らずに上流沈する我輩。

 

幸いどこもうちませんでした。

K原さんが最後の落ち込み右のエディーに張り付いてしまい沈脱されておりました。

 

アドデザートも川口の瀬も期待していたような遊び場はなく1時間で終了。

ちょっとこの水位だと厳しいですね。

 

久しぶりのカヤックですが、運動不足でカラダはガチガチ、スプレースカートは固くて入らない、デジカメは忘れるなど良いことなし。

特に運動不足は深刻で1時間しか漕いでいないのに疲れました。

有酸素運動とストレッチをしないといけませんね。

 

池田ダム流入量 (10:00) 32.95t (12:00) 33.78t

大豊水位計 (10:00) -0.08m (12:00) -0.08m

下名水位計 (10:00) 1.53m (12:00) 1.53m

大豊水温計 (10:00) 7.2℃ (12:00) 7.9℃

隊長の変(エグズプロージョン風に)

 1月6日一通の不可解なメールが届きました。

「隊長、体調悪し。」

 

・・・。

隊長が壊れた?

どうやら先週の初漕ぎは体調がイマイチだったのに無理して漕いだせいで悪化してしまったようです。

今週は隊長はお休みとなりました。

 

そして明くる日の1月7日、さらに一通のメールが届きました。

 

「休みますが、明日は鉄橋水位でしょうか」

 

そうです、大豊0.40mと久しぶりに水位が下がりベストな鉄橋ホール水位になりました。

きっと隊長も鉄橋ホールで遊びたくて仕方がないのでしょう。

心の中で

「隊長の分も楽しんできますね^^」

と思っておきました。

 

ところが・・・。

f:id:miz_shosa:20170109112524p:plain

朝方から雨が振り始め、水位は見る見るうちに上昇しています。

開始直後に鉄橋ホールは消滅してしまいました・・・。

 

隊長、雨乞いしましたね!?

 

f:id:miz_shosa:20170108104312j:plain

というわけで泣く泣く岩原~珈琲館までのショートコースに変更です。

 

f:id:miz_shosa:20170108122136j:plain

四万十◯野さんが久しぶりに参加。

あれっ、OC1に乗り換えたはずでは?と聞くと

「僕を殺す気ですか!」

どうやらまだまだ乗りこなせてはいないようです。

 

f:id:miz_shosa:20170108112208j:plain

f:id:miz_shosa:20170108112225j:plain

国境の瀬のウェーブがかろうじて遊べました。

ここで45分ほど。 

 

f:id:miz_shosa:20170108122917j:plain

f:id:miz_shosa:20170108122944j:plain

f:id:miz_shosa:20170108122848j:plain

f:id:miz_shosa:20170108123004j:plain

平家の瀬のウェーブ。

激しいのでサーフィンが楽しいようです。

でもベンヘルプライトといい、スポットまでの距離があるところはとても苦手。

今年の課題です。

 

終わったあとに気が付きましたが、今年の初漕ぎでした。

今年も無理をせず楽しんでいこうと思います。

 

池田ダム流入量 (10:00) 50.74t (14:00) 62.39t

大豊水位計 (10:00) 0.49m (14:00) 0.82m

下名水位計 (10:00) 1.68m (14:00) 1.94m

大豊水温計 (10:00) 8.4℃ (14:00) 8.6℃

2016年漕ぎ納め

 まいど、うじです。

今日は漕ぎ納めでした。

 

しかし今日はとても寒い!

こんなに寒いのにカヤックに行くなんて・・・。

カヤッカーは変態の集まりですね!

 

そして水量が多い!

完全に夏の増水水位です。

そんなにかからないだろうということで大歩危ロングコースになりました。

 

豊永上段の瀬で租沈。

ああ、冷たい。

 

増水していると豊永下段の瀬は半分くらいの短さに。

ここは楽です。

 

カエル岩。

 

 

三段の瀬は右に行き過ぎちゃいました。

租沈です。

 

岩原の瀬も租沈。

 

途中のスポットはどこも微妙のようです。

少しだけやって通過しました。

 

国境の瀬はスカウティングです。

隊長がスカウティングすると言い出したので何事かと思いましたが、途中にいいホールがないか見るためでした・・・。

 

結果、悪いホールしかないという結論で。

 

そしてスカウティングしたのにもかかわらず悪いホールに捕まる我輩・・・。

ぜんっぜん出れませんでした。

しばらく耐えてましたが、出る気配もないので息を止めて耐えていたらなんとか脱出。

しかし、脱出した直後にその下のホールに再び捕まる・・・。

こっちはわりとあっさり出ましたが呼吸がぎりっぎりで若干酸欠状態に陥りました。

 

ベンヘルプは本日のメインイベントのようです。

この寒い中、大歩危ロングコースなのにも関わらずカメラがセットされました(笑)

ひぃぃ!

ベンヘルプは良さそうです。

ガンガンやりたかったのですが、こともあろうに我輩は先程の国境の瀬のホール(ストッパー)で全体力を吸い取られてしまったようでカラダの踏ん張りがまったく効かず満足にホールまでたどり着けない状況。

無駄に体力を消費するだけなので諦めて休憩してました。

 

カメラ撤収後に隊長がなぜか担いでいます。

一体何をするのでしょうか・・・。

 

まさか・・・。

 

なんと、なんとっ。

助走をつけて岩の上からベンヘルプのホールにダイレクトインです!!

 

き、決まったぁぁぁ!

これこそまさにホールインワンです!!(※注1)

 

天気が芳しくなかったのでベンヘルプより下は一気に下りました。

 

途中で何箇所か租沈しましたが。

 

無事にまんなかまでたどり着きました。

 

Google先生も記念にゴールの写真を加工してくれました。

今年のMVPはK原さんということでしょう。

 

漕ぎ納めは冬の増水大歩危ロングコースとハードだった上に国境の瀬で沈脱の危機でしたが、そんな面白いネタを自ら提供するわけにはいかないとなんとか耐えました。

これが今年一年の成果でしょう(爆)

 

 最後にMOCに立ち寄り岩原の瀬を撮影。

多いなぁ・・・。

 

初漕ぎは1月3日の予定です。

 

 

 

※注1:写真の撮り方が上手いだけで実際にはダイレクトインできる位置関係にはありません。
 

池田ダム流入量 (10:00) 160.07t (15:00) 149.45t

大豊水位計 (10:00) 1.33m (15:00) 1.32m

下名水位計 (10:00) 2.68m (15:00) 2.67m

大豊水温計 (10:00)9.3℃ (15:00)9.6℃

年の瀬の大歩危は・・・

まいど、うじです。

今日は大歩危の定例会に行く夢を見ました。

しかし行く途中で火山(!?)が噴火。

目の前で噴煙が上がっているので定例会はキャンセルの連絡をしたところ、火山の噴火くらいでキャンセルするな!と怒られる・・・。

その後私のロックスターは溶岩が飛んできて穴が空きました。

私の心の中ではBOKEFUNは災害が起きても漕ぐイメージのようです。

 

f:id:miz_shosa:20161218111915j:plain

閑話休題、久しぶりの大歩危は豊永手前にある気温計が10時の時点で0℃と寒い。

 おまけに今週の雨と早明浦ダムの利水放流管からの放流が続いていて大豊62cmと高め。

しかしこんなに寒いのに集まったメンバーはゲストと中国地方からの遠征組3名を加えて10名と大所帯。

なんとも変態の集まりなのだろうか。

 

f:id:miz_shosa:20161218111648j:plain

本日のゲスト、◯原さん。

先週の松山カヌークラブの定例会で「良かったら来週大歩危漕ぐので来てね」と冗談で声をかけたら本当に来たし。

この気温(水温)と水量で初大歩危とはチャレンジャーすぎ。

MRさんの先導で豊永上段の瀬からスタートです。

 

f:id:miz_shosa:20161218112154j:plain

初心者にとって最大の難所、豊永下段の瀬。

ここも無事にクリアしました、素晴らしい!!

 

と、振り返ると

f:id:miz_shosa:20161218112239j:plain

OCのM氏がどんぶらこ~どんぶらこ~と流されていきました・・・。

 

f:id:miz_shosa:20161218113556j:plain

これは我輩。

今日はPFDとカメラをど忘れしてきたので写真のないブログになる予定だったが、隊長が写真を使っていいよと言ってくれたのでありがたく使わせていただきます。

PFDはアキヨ様から拝借しました。

 

f:id:miz_shosa:20161218113544j:plain

こちらは先程流されたM氏。

 この時期でもOCで大歩危を下られるとか素晴らしい。

 

f:id:miz_shosa:20161218120205j:plain

さて、三段の瀬です。

◯原氏、無事に突破~と思いきや三段目で沈してしまいそのまま岩に引っかかってしまう。

 

f:id:miz_shosa:20161218120310j:plain

4回ほどロールを試みましたが、引っかかったままなのでうまく上がらず残念ながら沈脱。

大歩危の洗礼を受けてしまいました。

 

三段の瀬のホールはちょっと激しい。

隊長(一部はお師匠様)の撮った写真から良さそうなのをピックアップしてみる。

f:id:miz_shosa:20161218121701j:plain

f:id:miz_shosa:20161218121714j:plain

f:id:miz_shosa:20161218121911j:plain

f:id:miz_shosa:20161218121913j:plain

f:id:miz_shosa:20161218122217j:plain

f:id:miz_shosa:20161218125005j:plain

f:id:miz_shosa:20161218121716j:plain

今日は激しくて隊長以外は下に落とされまくってました。

なぜ隊長はあんなに残れるのだろうか・・・。

 

f:id:miz_shosa:20161218132446j:plain

ラストは岩原の瀬。

中央に持っていかれないか心配でしたが、ここも無事に通過。

 

f:id:miz_shosa:20161218132452j:plain

残念ながら途中で沈してしまいましたがロールも完璧です。

◯原さんの大歩危デビューは三段の瀬で洗礼こそ受けたものの素晴らしい内容でした。

 

池田ダム流入量 (10:00) 57.79t (14:00) 57.65t

大豊水位計 (10:00) 0.62m (14:00) 0.62m

下名水位計 (10:00) 1.87m (14:00) 1.86m

大豊水温計 (10:00)10.0℃ (14:00)10.1℃

ボケボケ詐欺

まいど、うじです。

今日は詐欺に遭いました。

事前に小歩危かもーという噂があったので念のため当日の朝「ラピス集合(大歩危の場合の集合地点)で良いでしょうか?」と確認したところ隊長から「いつも通りです」と返事があったので安堵して道の駅ラピス大歩危へ向かいました。

すると、遊び場所がないということで突如小歩危コースに変更となりました。

 

一昔前に流行ったいわゆるボケボケ詐欺というやつです。

 

※注 ボケボケ詐欺とは「ボケだよボケ!!」と、この前に付く大小の頭文字を省略していかにも大歩危へ行くと見せかけ小歩危に行きたくない素人を巧妙な手口で誘い出し、精神および肉体(艇)を奈落に突き落とすという類まれに見る凶悪な詐欺である。

 

ただし今回は鉄橋ホール狙いのため小歩危駅付近での上がりなので難所の大滝と曲がり戸はありません。

 

堂床スロープから4名で出発です。

 

WESTWESTの少し上流にあるウェーブで軽く練習。

 

川からWESTWESTを眺めるのは2年前のモンベルスクール以来だ。

あれからもう2年半かぁと感慨深い。

 


鉄橋の瀬を下る。

隊長曰くここは豊永下段の瀬くらい。

 

本日の遊び場、鉄橋ホール。

 

これまでホールでの練習をあまりしてこなかったので、かなりやられました。

スポット大好きな若いおなごと最近スピンを掴みかけて夢中なK原さん、そしてスポットさえあれば延々と遊んでいられる隊長。

この変態3名が揃ったこともありここで延々と2時間半近く練習。

 

森囲いの瀬は初めてなのでスカウティング。

しかし、結果は核心部のちょい手前で沈してしまい最後のホールにガッツリ巻かれました。

冬水位なのに夏水位の大歩危のどの瀬よりもパワフルだし何より浅いから当たるとヤバい。

小歩危の恐ろしさを痛感しました・・・。

 

最後に二段の瀬を下って終了。

ここも夏水位の三段の瀬くらいのパワーですね。

 

15時にゴールしましたが、二段の瀬から小歩危駅前に上がるルートはキツイですね。

鉄橋ホールで体力を使い尽くし、森囲いの瀬でトドメをさされたカラダには堪えました・・・。

 

小歩危を分割で漕いだのは2回目。

残すは小歩危一番の落差を誇る大滝の瀬と一番の難易度を誇る曲り戸の瀬。

はたして行く日は来るのでしょうか・・・。

 

本日からフルドライスーツに衣替えしましたが正解でした。

スポットプレイは通常のダウンリバーと比べても濡れている時間帯が長いのでちょうど良かったくらい。

ここから来年の4月頃まで約半年はフルドライスーツで行きます。

 

池田ダム流入量 (10:00) 51.83t (15:00) 41.82t

大豊水位計 (10:00) 0.40m (15:00) 0.40m

下名水位計 (10:00) 1.64m (15:00) 1.63m

大豊水温計 (10:00)15.1℃ (15:00)15.1℃