リベンジ大歩危

まいど、うじです。

4日前にドライスーツど忘れで撤退するハメになったので祝日に大歩危リベンジしてきました。

今度こそは忘れ物しないぞと前日のうちにクルマに積み込んだのですが・・・。

朝起きて時計をみるとなんと8:50!!(集合時間は10:00)

あわてて飛び起きてなんとか10分遅れで到着しました。

前の日に積み込んでおいて良かった・・・。

 

隊長と兄弟子の3名になったので岩原からまんなかまで。

今日はしごかれそうな予感が・・・。 

 

メインは国境ウェーブ。

落差があって難しい・・・。

 

激しすぎて我輩ボロボロ、兄弟子もボロボロになりました。

隊長が1人で堪能してました。

 

続いて平家ウェーブ。

ココは我輩一番のお気に入りなので、安心して遊べます。

ここも荒れてましたけどね。

 

最後に大歩危橋下のウェーブ。

結構良い時間でしたが問答無用でカメラセットされました(笑)

 

一発目で落とされてしまい、この寒い中左岸の水中を歩いて復帰。

ここは落とされると漕ぎ上がれないので大嫌いです・・・。

 

兄弟子も落とされて対岸で休憩中(笑)

その後上流から戻ってきました。

その手があったかとあとで気が付きました。

 

15時すぎにゴール。

予想通りガッツリしごかれました。

 

今日はウェーブばかりでしたが何処も難しくて大変でした。

でも収穫もあり満足です。

あと、ダウンリバー中は無沈でした。

これくらいの水量は無沈で行けないと小歩危には行けないなと思っているので良かったです。

 

池田ダム流入量 (10:00) 68.10t (15:00) 60.90t

大豊水位計 (10:00) 0.57m (15:00) 0.59m

下名水位計 (10:00) 1.80m (15:00) 1.80m

大豊水温計 (10:00) 11.8℃ (15:00) 12.0℃

 

台風の前の大歩危へ

 

まいど、うじです。

今週末も台風直撃ということで、雨だけど台風の影響が少ない土曜日のうちに漕ぐことに。

結果的に翌日は大増水したのでこの選択は正解でした。

 

先週の雨天続き+台風の影響で一週間経過しているのにも関わらず大豊水位は1m超と高め。

池田ダムの流入量の多いので支流からの流れ込みも多そうです。

この水位ならあっという間に終わりそうなので久しぶりの大歩危ロングコース。

まだラフトが出ているのですね。

 

久しぶりの夏水位なので三段と岩原で返されましたが、他はするするっと下る。

国境の瀬までは遊べる場所もなく1時間半ほどで到達。

 

 

 

幸いなことにベンヘルプが比較的良い状態だったのでここで一遊び。

カメラもセットされました。

三人だったのと、結構荒れていて体力が消耗するのでわりと短時間でバテて終了。

 

ラピス大歩危下の瀬は隊長が良い場所でカメラを構えていたので一番激しいところを飛び越えてナイスショットを撮ってもらおうと突っ込みましたが、予定していたよりスピードが伸びずに裏のホールにざっくり刺さりました。

捕まらなくて良かった~。

 

他には遊べる場所もなく14時にまんなかへ。

ベンヘルプのウェーブで遊びすぎて後半はバテバテできつかったのですが、久しぶりの夏水位で楽しかった~。

 

池田ダム流入量 (10:00) 167.23t (14:00) 151.59t

大豊水位計 (10:00) 1.04m (14:00) 1.12m

下名水位計 (10:00) 2.28m (14:00) 2.34m

大豊水温計 (10:00) 15.4℃ (14:00) 15.5℃

 

冬水位突入

まいど、うじです。

早明浦ダムの放水も終わり、吉野川は冬水位に突入です。

 

鉄橋ホールがちょうど良い水位ということで堂床からサンリバーまでと全長1キロ程度の超ショートコース。

 

堂床の瀬でウォーミングアップ。

ウェーブが良い感じで結構遊びました。

 

鉄橋の瀬を下り

 

目的の鉄橋ホールです。

 

かなりガッツリ遊びました。

今年の冬はここでスピンをマスターするのが目標です。

 

W氏「寒いしそろそろカヤックはシーズンオフだなー」

お師匠様「何を言っとるか、バカもん!」

 

池田ダム流入量 (10:00) 47.56t (14:00) 51.02t

大豊水位計 (10:00) 0.42m (14:00) 0.42m

下名水位計 (10:00) 1.63m (14:00) 1.63m

大豊水温計 (10:00) 18.7℃ (14:00) 18.8℃

大歩危の洗礼?

まいど、うじです。

今日は松山カヌークラブの松◯くんが大歩危デビューということでアシストです。

コースは控えめに岩原-まんなか。

 

お師匠様を筆頭に四万十の主◯野くん、松◯さんのちょっとだけ先輩になる畝◯さんの計4名がアシストです。

これだけいれば安心ですね。

 

大岩橋下の瀬から国境の瀬まではウォーミングアップ。

 

今日はスポットプレイをあまりできないせいか元気が有り余っている◯野くん。

 

そうこうしているうちにあっという間に国境の瀬へ到着。

当然ながらスカウティングでお師匠様がコースを指示してくれます。

 

お手本コースは我輩と畝◯さん。

デビュー戦で国境の瀬に激しい洗礼を受けた畝◯さんは後輩にも同じ目にあってもらわなければ困ると邪神に満ち溢れていました。

 

国境の瀬の終わったところに釣り師がとんでもない位置に竿を入れています・・・。

沈脱すると確実にここに流れてしまうのでドキドキです。

沈脱に備えてベストポジションでカメラを構える我輩。

 

 

youtu.be

・・・と、そんな期待も虚しく無難に国境の瀬を下りきる松◯くん。

そしてとても悔しがる畝◯さん(笑)

 

そしてこの直後にどうにか松◯くんに洗礼を受けてもらおうとトラップが仕込まれました。

国境下の瀬の左岸のエディを次々と取る面々。

全員が入るので当然松◯くんも入ります・・・。

そこに入ったら・・・。

 

・・・。

 

トラップ成功。

 

 

 

なんて悪い人たちなんでしょうか。

 

ベンヘルプはエディをとらずに左岸よりに通過。

 

ロールの成功率はまだまだでしたがバウレスキューまで耐えてくれたのでその後は沈脱なしでした。

 

その後はほぼ無難に通過。

 

最後のまんなかの瀬は船着き場まで流されないようにレスキュー体制を敷く。

先輩の畝◯さんがロールが上がらず、これはスクープ写真がとれるかと期待したのですが・・・。

 

残念ながら最後にロールアップ。

ここで沈脱すると最高に面白かったのですが残念っ!

 

松◯くんは・・・。

 

なんと無難にクリア、おめでとうございます。

 

9時集合だったせいもあり12時過ぎにゴールでした。

 

マンバの浮力に助けられていた部分もありますがダウンリバー中の沈はオーバーハングと下名上段の瀬の2回だけで終始無難に下っていました、素晴らしい。

あとは数をこなしてロールの確率アップとエディライン越えの練習ですね。

 

・・・と思いきや帰りにショートボートの方がイイよと洗脳され、クルマの中で2FUNを買ったそうです(爆)

これからまた苦難の日々が待っていますがガンバッテクダサイ。

 

我輩復活

まいど、うじです。

夏風邪で長期間ダウンしていましたがようやく復帰です。

今日はリハビリ大歩危です。

 

モンベルも大歩危コースを開催していました。

モンベルの最強パドラーとボケファンの最凶パドラーの2ショット。

 

モンベルグループの中になぜかO西くんの姿が・・・。

我輩が「今週は松山カヌークラブの定例会だから大歩危行こうよ」と誘っても「岩原で練習する」と行ってたのに、なぜ大枚を払ってツアーに参加しているのだろうか・・・、貧民の我輩にはわからない世界である。

 

豊永から8名でスタート。

途中で合流予定の西◯さんのクルマが見えたのでこの時点では三段の瀬あたりで合流かなと想像。

 

三段の瀬で西◯さんを待ちながらしばしプレイタイム。

 

我輩は三段の瀬のスポットがあまり好きではありません。

一定ラインより下に落とされると漕ぎ上がれないのでそのプレッシャーで集中できないのです。

そのことをお師匠様に言うと

 

好き嫌いしてはイカン!!

 

といわれました。

 

しかし、そんなお師匠様ですが帰ってから写真をみてあることに気がつく我輩。

三段の瀬では左岸でじっと待機。

どうやらお師匠様も三段の瀬のスポットはキライなようです。

好き嫌いはイケマセンよー、お肉も食べましょう(※1)

 

待てど暮らせど西◯さんは下って来ないので岩原の瀬へ移動。

 

岩原のウェーブはまずまず。

カメラマンの方たちがたくさんいらっしゃいました。

去年もいましたね。

 

再び待てど暮らせど西◯さんは降りて来ず。

これはもうモンベルに上納金を納めて途中合流にしたに違いないという結論に強制的に至ってダウンリバー開始することに。

 

国境の瀬の手前にはスモンキーのベースキャンプが出来ていました。

 

増水後に乗りやすくなったと評判の国境ウェーブで昼食タイム兼スポットプレイタイム。

 

久しぶりにカメラもセットされました。

 

しばらくすると・・・

上納金を納めたと予想されていた西◯さんが期待を裏切って下ってきました。

 

西◯さんここで一瞬カメラの位置を確認しましたね!!

おーっと、ここで沈です。

カメラをちゃんと意識していて素晴らしいサービス精神です。

 

よく見るとパドルがいつもと違います。

聞くと三段の瀬でパドルを折ってしまい、遅くなってしまったようです。

レンタルパドルでここまで追いついてくるとは素晴らしいメンタルですね。

 

一方こちらは西◯さんにオイシイところを持って行かれたので、悔しさのあまり負けじと沈脱を披露してくれる畝◯さん。

サービス精神旺盛です、流石ですね!!

そしてちゃんとフォローに向かうお師匠様。

素晴らしいお姿です!!

沈脱を見て急いでカメラを取り出す我輩とはエライ違いです。

 

 

あまりにネタが豊富で尺が足りなくなってきたので後半は省略。

 

最後は滝と虹と隊長でおしまい。

 

 

池田ダム流入量 (10:00) 54.50t (15:00) 58.05t

大豊水位計 (10:00) 0.75m (15:00) 0.75m

下名水位計 (10:00) 1.94m (15:00) 1.95m

大豊水温計 (10:00) 22.0℃ (15:00) 22.9℃

 

(※1)お師匠様はお肉が食べられません