GW最終日

GW最終日は大歩危を漕ぎます。

水位は20cm程度と相変わらず低水位。

早明浦ダムの農業放水が待ち遠しいですね。

 

この水位だと下名のホールか、川口ウェーブのどちらかしかスポットが期待できないということでとりあえず下名を下見。

行けそうだということでコースは下名の瀬からまんなかに決定です。

 

下名コースは下名小学校の横を河原におりて下名中段の瀬と下段の瀬の間からスタート。

本日からフルドライスーツをやめてセミドライに切り替えました。

川の上にいる限りはフルドライスーツでもまだまだ行けますが、如何せん漕ぎ始めるまでが辛すぎる。

 

下名中段の瀬まで漕ぎ上がってウォーミングアップ。

この水位だとサーフィンできるのですね。

おもっていたより乗りやすくて楽しい。

 

そして本日は下名下段にあるホールでみっちり。

我輩も一生懸命入りましたが、スピンまでは至らず。

でも以前よりはホール慣れしたかもしれない。

漕ぎ上がりやすく、エントリーもしやすい良いホールですが、右岸よりに沈して流されると岩に当たるのがちょっと厄介。

 

そして全員の昼食が終わったところで隊長がおもったより早くカメラを撤収・・・。

と思いきやカメラの場所移動だった。

今日は長そうです。

 

14時を回ったところで◯野くんの腕が痙った宣言とともに終了。

一箇所のスポットで3時間も遊んだのは始めてです。

 

下名からだとまんなかまでは10分程度。

あっという間にゴールです。

 

 

池田ダム流入量 (10:00) 32.24t (14:00) 35.22t

大豊水位計 (10:00) 0.19m (14:00) 0.20m

下名水位計 (10:00) 1.54m (14:00) 1.54m

大豊水温計 (10:00) 16.3℃ (14:00) 16.8℃

GW突入

GWに突入し、10日間の疑似独身生活モードへ。

そんな我輩には山に木を切りに行くか、川へ下りに行くかしか選択肢がない。

木は当分いらないので川です。

 

今日は久しぶりの方々が。

OCのダイスケさんとCCのサンマ先生。

 

希望は岩原からベイ(大歩危珈琲館)コースでしたが、OCではとてもあの急勾配は上がれないだろうということでまんなかまで。

 

まずは大歩危橋下のウェーブでウォーミングアップ(?)

 

途中で隊長にパドルの交換を命ぜられる。

思えば昨年はパドルを折ったときにこの棍棒もといエクスカリバーで岩原を下ってロールが上がらず沈脱をかました苦い思い出が蘇る。

どんなパドルであってもロール上がるようになりたいものです。

 

本命の大久保ホール。

エントリーが難しくて落ちまくってたら隊長に

 

なにをやっているこのたわけ者が!

そこのエディからみんなのエントリーしている様をよく研究してから出直してこい!!

 

的な指導を受けたのでエディから見学。

よーくみてるとバックウォッシュをうまく利用していることがわかりました。

我輩のように最初から最後まで全力漕ぎしていても途中で崩れて落ちていくだけですね。

 

サンマ先生のCCのスピンはとても美しいです。

 

その後、国境の瀬。

 

ああっ!

ダイスケ先生が!!

 

国境の瀬で久しぶりの昼食。

もう日差しはポカポカで全然寒くありません。

 

国境下の瀬を下り

 

平家ウェーブは相変わらず激しいけど入れたらすごく楽しい。

 

オーバーハング。

 

下名上段の瀬。

ダイスケさんにOCで大歩危はしんどくないですか?と聞いたら

自分が辞めたら(地元で)OCで大歩危下るヤツがいなくなってしまう

と言ってました。

かっこええ・・・。

 

大歩危橋下のホール。

隊長が入った後に鏡◯さんが入ったらヤバい方のホールに捕まって大ピンチ。

でも沈脱は免れました、ザンネンっ!!

 

ラピス大歩危下の瀬を下り

 

まんなかの瀬でゴールです。

この鯉のぼりがくると夏はもうすぐだと感じますね。

 

池田ダム流入量 (10:00) 39.18t (14:00) 39.25t

大豊水位計 (10:00) 0.29m (14:00) 0.29m

下名水位計 (10:00) 1.54m (14:00) 1.54m

大豊水温計 (10:00) 13.2℃ (14:00) 14.4℃

久しぶりの大歩危

 先週は四万十でカラダをほぐしたので今週は大歩危へ。

天気もよくカヤック日和。

 

コースは岩原からベイ。

集まった人数は9名と大所帯です。

 

カメラを忘れてしまったので、休憩とスカウティングくらいしか写真がとれない・・・。

大久保ホールで休憩しつつスピン大会。

大久保は低水位と高水位でそれぞれスポットが現れるステキな場所ですね。

 

その後、国境の瀬初挑戦となる畝◯さんの為に早めに下ってスカウティング。

脅しすぎたせいか終始無言だった畝◯さん。

 

 

諸先輩方が好き勝手なこーすで突入するのであまり参考にならない(笑)

 

覚悟を決めて我輩の先導で左岸ラインから突入しましたが、最初の落ち込みで失敗してしまい撃沈。

浅かったのもあって顔面を岩に激突してしまい、ロールもしぶとくチャレンジするも最後は沈脱。

国境の瀬の洗礼を受けてしまいました・・・。

 

 

でもその後の平家の瀬やオーバーハングも無沈で抜けていたし安定感はかなりのものです。

我輩もうかうかしているとあっという間に抜かれてしまいそうなのでがんばらなくては・・・。

 

池田ダム流入量 (10:00) 41.50t (14:00) 41.34t

大豊水位計 (10:00) 0.25m (14:00) 0.24m

下名水位計 (10:00) 1.53m (14:00) 1.53m

大豊水温計 (10:00) 13.8℃ (14:00) 14.8℃

隊長の変(エグズプロージョン風に)

 1月6日一通の不可解なメールが届きました。

「隊長、体調悪し。」

 

・・・。

隊長が壊れた?

どうやら先週の初漕ぎは体調がイマイチだったのに無理して漕いだせいで悪化してしまったようです。

今週は隊長はお休みとなりました。

 

そして明くる日の1月7日、さらに一通のメールが届きました。

 

「休みますが、明日は鉄橋水位でしょうか」

 

そうです、大豊0.40mと久しぶりに水位が下がりベストな鉄橋ホール水位になりました。

きっと隊長も鉄橋ホールで遊びたくて仕方がないのでしょう。

心の中で

「隊長の分も楽しんできますね^^」

と思っておきました。

 

ところが・・・。

f:id:miz_shosa:20170109112524p:plain

朝方から雨が振り始め、水位は見る見るうちに上昇しています。

開始直後に鉄橋ホールは消滅してしまいました・・・。

 

隊長、雨乞いしましたね!?

 

f:id:miz_shosa:20170108104312j:plain

というわけで泣く泣く岩原~珈琲館までのショートコースに変更です。

 

f:id:miz_shosa:20170108122136j:plain

四万十◯野さんが久しぶりに参加。

あれっ、OC1に乗り換えたはずでは?と聞くと

「僕を殺す気ですか!」

どうやらまだまだ乗りこなせてはいないようです。

 

f:id:miz_shosa:20170108112208j:plain

f:id:miz_shosa:20170108112225j:plain

国境の瀬のウェーブがかろうじて遊べました。

ここで45分ほど。 

 

f:id:miz_shosa:20170108122917j:plain

f:id:miz_shosa:20170108122944j:plain

f:id:miz_shosa:20170108122848j:plain

f:id:miz_shosa:20170108123004j:plain

平家の瀬のウェーブ。

激しいのでサーフィンが楽しいようです。

でもベンヘルプライトといい、スポットまでの距離があるところはとても苦手。

今年の課題です。

 

終わったあとに気が付きましたが、今年の初漕ぎでした。

今年も無理をせず楽しんでいこうと思います。

 

池田ダム流入量 (10:00) 50.74t (14:00) 62.39t

大豊水位計 (10:00) 0.49m (14:00) 0.82m

下名水位計 (10:00) 1.68m (14:00) 1.94m

大豊水温計 (10:00) 8.4℃ (14:00) 8.6℃

2016年漕ぎ納め

 まいど、うじです。

今日は漕ぎ納めでした。

 

しかし今日はとても寒い!

こんなに寒いのにカヤックに行くなんて・・・。

カヤッカーは変態の集まりですね!

 

そして水量が多い!

完全に夏の増水水位です。

そんなにかからないだろうということで大歩危ロングコースになりました。

 

豊永上段の瀬で租沈。

ああ、冷たい。

 

増水していると豊永下段の瀬は半分くらいの短さに。

ここは楽です。

 

カエル岩。

 

 

三段の瀬は右に行き過ぎちゃいました。

租沈です。

 

岩原の瀬も租沈。

 

途中のスポットはどこも微妙のようです。

少しだけやって通過しました。

 

国境の瀬はスカウティングです。

隊長がスカウティングすると言い出したので何事かと思いましたが、途中にいいホールがないか見るためでした・・・。

 

結果、悪いホールしかないという結論で。

 

そしてスカウティングしたのにもかかわらず悪いホールに捕まる我輩・・・。

ぜんっぜん出れませんでした。

しばらく耐えてましたが、出る気配もないので息を止めて耐えていたらなんとか脱出。

しかし、脱出した直後にその下のホールに再び捕まる・・・。

こっちはわりとあっさり出ましたが呼吸がぎりっぎりで若干酸欠状態に陥りました。

 

ベンヘルプは本日のメインイベントのようです。

この寒い中、大歩危ロングコースなのにも関わらずカメラがセットされました(笑)

ひぃぃ!

ベンヘルプは良さそうです。

ガンガンやりたかったのですが、こともあろうに我輩は先程の国境の瀬のホール(ストッパー)で全体力を吸い取られてしまったようでカラダの踏ん張りがまったく効かず満足にホールまでたどり着けない状況。

無駄に体力を消費するだけなので諦めて休憩してました。

 

カメラ撤収後に隊長がなぜか担いでいます。

一体何をするのでしょうか・・・。

 

まさか・・・。

 

なんと、なんとっ。

助走をつけて岩の上からベンヘルプのホールにダイレクトインです!!

 

き、決まったぁぁぁ!

これこそまさにホールインワンです!!(※注1)

 

天気が芳しくなかったのでベンヘルプより下は一気に下りました。

 

途中で何箇所か租沈しましたが。

 

無事にまんなかまでたどり着きました。

 

Google先生も記念にゴールの写真を加工してくれました。

今年のMVPはK原さんということでしょう。

 

漕ぎ納めは冬の増水大歩危ロングコースとハードだった上に国境の瀬で沈脱の危機でしたが、そんな面白いネタを自ら提供するわけにはいかないとなんとか耐えました。

これが今年一年の成果でしょう(爆)

 

 最後にMOCに立ち寄り岩原の瀬を撮影。

多いなぁ・・・。

 

初漕ぎは1月3日の予定です。

 

 

 

※注1:写真の撮り方が上手いだけで実際にはダイレクトインできる位置関係にはありません。
 

池田ダム流入量 (10:00) 160.07t (15:00) 149.45t

大豊水位計 (10:00) 1.33m (15:00) 1.32m

下名水位計 (10:00) 2.68m (15:00) 2.67m

大豊水温計 (10:00)9.3℃ (15:00)9.6℃