魔の三連休

まいど、うじです。

ゆかちが帰省してしまったので今週末の3連休はカヤック三昧です。

金曜日も土曜日も日曜日も漕いじゃいます。

なんてルンルン気分でいたら昨晩から急激に体調悪化・・・。

あわてて薬を飲んで20時に布団に入ったのですが、その後体調は悪化の一途を辿り続けます。

 

そして午前3時、喉の痛みと悪寒はピークに達しました。

これは三連休はとてもじゃないですが漕げそうにありません。

せめて日曜日だけでも・・・と思いましたが風邪が治っていないのに無理して漕いで三段の瀬で沈脱かましたお方を我輩は知っているのであきらめて養生することにします・・・。

 

夏風邪や 兵どもが 夢の跡

今年もハロウィンキャンプ

10月最後の土日は昨年に引き続きハロウィンキャンプです。

久しぶりにやまもり温泉キャンプ場へ行ってきました。

一週間ほど前に震度6弱を観測した鳥取県倉吉市にあるので余震が若干心配でしたが、経過をみる限り落ち着いてきているのと、キャンセルが相次いでいて閑古鳥が鳴いていると管理人さんが嘆いていたので我々は行くことに。

 

途中で蒜山焼きそばと唐揚げで有名な悠悠に立ち寄って早めの昼食。

オープン直後の11時10分には着いたのですが満席で待ち時間。悪天候&地震の影響を物ともしない混雑ぶりは流石です。

 

キャンプ場は生憎の小雨です。

さらに気温が10℃前後と予想以上に寒い。

 

今回は11月ということでスクリーンの中で薪ストーブを焚くにはちょっと早いのでヘキサタープの下で新保製作所のヒートチョッパーを使用しました。

コレで暖をとったり常にお湯を沸かしておいて暖かい飲み物を飲んだりします。

焚火で暖をとるよりは風向きや火の粉を気にしなくて良いので便利かと。

タープの下でも使えますしね(ただしタープは臭くなりますが)

 

そして今年ようやく予算執行したロゴスのウッド囲炉裏テーブルEVO。

コールマン、ユニフレーム、スノーピークなど各社の囲炉裏テーブルをここ数年ずっと悩んでいましたがコレが見た目が一番好きでした。

27000円(税抜)という価格が厄介でしたが、やはり妥協しても仕方がないのでコレに決定。

ユニフレームのファイアグリルと組み合わせてみましたがバッチリです。

 

 

 

 

ハロウィンキャンプということでタープを中心にゆかちと同僚の奥様にデコレーションしていただきました。

 

テントは2ルームテントを張りましたが睡眠時間以外は使用せずだったので、クイックテントの方が良かったかも・・・。

コールマンのクイックテントもかなり年季が入ってきたので新しいクイックテントを物色中です(笑)

 

この日のやまもり温泉キャンプ場は他にバンガローの利用者が一家族いただけでテントエリアは完全に貸し切りでした。

寒さは予想以上に厳しかったですが、この寒さのおかげで虫もほとんどおらず。

防寒対策さえしっかりしておけば快適な時期ですね。

 

 

 

 

 

爪白キャンプ場

今回は爪白キャンプ場を利用しました。
竜串海岸の目と鼻の先にあるキャンプ場です。
竜串海岸の観光案内所でキャンプする話をしたら貸し切りですねと言われました。

P1120501.JPG

敷地は異様なまでに広い。

利用料は一人300円で、管理人の方が不定期で回ってきます。

ゴミ袋をくれるのでそれにゴミを入れて処分してもらえます。

P1120503.JPG

そして本当に貸し切りでした。

今回はパーティシェード360と普通のテントを使用しました。

炊事場やトイレから一番近い位置に設営したのですが、国道に面しているのでクルマの通行音は少し気になります。

 

P1120505.JPG P1120506.JPG

炊事棟とシャワー棟とトイレ棟がそれぞれ独立しており一箇所にまとまってあります。

トイレ棟は国道沿いに面していてドライバーの公衆トイレの役割も兼用している模様。

シャワーは男女各4ずつあり、一箇所だけ温水シャワーで1分100円。

温水シャワーとしてはちょっと割高ですね。

 

P1120507.JPG P1120530.JPG

 海岸が隣接しているので夕暮れ時に散歩に行ってきました。

夏場は海水浴を楽しむ方もいそうですね。

これだけロケーションの良いキャンプ場が300円とはやはり高知はキャンプ天国です。

仁淀川町夢の森公園キャンプ場

P1120313.JPG

四国カルストを観光したあとはキャンプ場へ早めにイン。

今回は仁淀川町夢の森公園キャンプ場を利用しました。

 

P1120318.JPG

キャンプサイトは道路沿いに細く7張程度と比較的コンパクトなキャンプ場です。

 

P1120314.JPG

P1120315.JPG

炊事場はコンパクトですが必要十分だしキレイ。

 

P1120316.JPG

トイレもとてもキレイです。

 

P1120319.JPG

駐車スペースは道路をはさんですぐでキャンプスペースからすぐ。

 

P1120311.JPG

 仁淀川の支流、下名野川がすぐそばを流れています。

さすがは仁淀川の支流、抜群の透明度です。

P1120301.JPG

 少し上には堰があります。

せっかくなので少しシャッターをあけて撮影してみました。

時期的に水量が多めなのでしょうか。

ヘビもいましたし、河原で水遊びするには少し危険です。

 

P1120280.JPG

 今回は一番奥のスペースを利用しました。

 

設備も立派ですし、ロケーションも良いステキなキャンプ場です。

これだけのキャンプ場を無料で提供しているのはすごいですね。

 

やまもり温泉キャンプ場

今週末は梅雨入り前でキャンプにはちょうど良い時期なのでキャンプに行く。
目的地は鳥取のやまもり温泉キャンプ場。
去年の9月にはじめて訪れて以来すっかりお気に入りのキャンプ場になった。

今回は道中3箇所立ち寄り。

P1120163.JPG IMG_1289.JPG

食堂かめっち。
卵かけごはんで有名なところ。
我輩も以前にテレビで目にしたことがある。

IMG_1286.JPG

昼前であったがタイミング良く待たずに入れたのでたまごかけごはん定食350円とだし巻き卵300円を注文する。

ご飯とたまごはお代わり自由。

たまごかけご飯じたいほとんど食べたことがないので美味しいのか普通なのかはちょっと分からないがご飯2杯とたまごを3個頂く。

IMG_1296.JPG

二箇所目はニッチ・リッチ・キャッチ。

楽天の通販でアウトドア商品を検索すると確実にヒットする専門店だ。

実店舗もあるとは知らなかった。

店舗内には我輩の愛用するUNIFLAMEの商品が完璧なまでにストックされている。

実際に目にするのははじめての商品を多く素晴らしい品揃えだった。

せっかくなので少しだけ買い物。

三箇所目は精肉店だったが、残念ながらホルモンは特別美味しくはなかったので非掲載。

P1120191.JPG

 14時過ぎにやまもり温泉到着。

相変わらず広大なキャンプサイトでのんびりとした雰囲気が漂っている。

今回は他にテント泊が2組、バンガロー泊が1組。

P1120175.JPG

今回もロゴスのneos PANELドゥーブルXLを使用。

ヘキサタープを持っていくかどうか悩んだが、今回は省略。

P1120178.JPG

 既設のテーブルと椅子が増えており荷物置き場としてとても便利。

空いている時期はクルマを中に入れさせてくれるのでほとんどオートキャンプのようなものです。

P1120179.JPG IMG_1298.JPG

 最近お気に入りのファイヤグリル☓2台構成。

片方で焚火をして片方で焼肉をする。

1つのケースに2セット収納可能なのでとてもコンパクトだし使い勝手が良いのでオープンスタイルのときはこれに限る。

せっかくなのでキャンプ場内を探索。

P1120184.JPG

建設中のドックランスペース。

P1120192.JPG

手作りのブランコやシーソーが至る所に。

P1120193.JPG

P1120195.JPG

 小屋にヤギさんが3匹。

P1120196.JPG

キャンプファイヤーコーナーと思われる空間。

去年と比べてもどんどん進化している。

IMG_1304.JPG

夜は冷え込みました。

夜灯の下で入る露店風呂は最高です。

IMG_1305.JPG

IMG_1309.JPG

風呂あがりに焚火で暖まりながら一杯(ジュースですが )

夫婦二人でまったりとした時間でした。