カヤックと筋トレと私

先日のトレッドミル購入に続き水面下で進められていた自宅ジム化計画。

第二弾はバーベルである。

IMG_1278.JPG

 昨年からトレーニング方法を一新してバーベルを使ったスクワット・デッドリフト・ベンチプレスのいわゆるBIG3と言われるやつに切り替えた。

この効果はおもいのほか絶大で腰痛がほぼなくなった。

それだけ背中や腰周りの筋肉が日常から不足していたということだと思うがこれほど変わるとは思わなかった。

そして単一のトレーニングで体幹を中心とした筋肉を短時間でガッツリ鍛えられるのであまり長時間の筋トレが好きじゃない自分には最適だった。

しかしジムでのバーベルトレーニングは難題が2つあった。

まずはフリーウェイトのバーベルが用意されておらず、スミスマシンしかないこと。

フリーウェイトコーナーは固定メンバーが長時間専有していることが多く、タイミングが悪いとまったく使えない。

フリーウェイトコーナーはいわゆる筋肉中毒になっちゃっててほぼ週3-4のペースで鏡の前でポーズを決めながら一心不乱に鍛えてる人たちが多く、この人達にぶつかってしまうと待ち時間が多く思うようにトレーニングが出来ないことが多い。

悶々としていた矢先にゆかちがトレッドミルを買いたいと言い出したので我輩もいっそ自宅でバーベルトレーニングしてしまおうと考えた。

本当はオリンピックタイプのバーベルとパワーラックを買いたかったが1Fの我輩の6畳の部屋はパソコンデスクとカヤック3艇と大量のキャンプ道具でビッシリ。

2Fの洗濯物干しにしか使っていない6畳の部屋もあるが、これ以上家を狭くしたくないというジレンマ(今更だが・・・)もあり今回は見送り。

で、結局最小限のスペースでとりあえずデッドリフトだけでも・・・ということでかったのがコレ。

 

レギュラータイプの100キロセット。

シャフト長は160cm、180cm、200cmから選択可能なのですが壁からの距離を考えて180cmを選択。

注文したら翌日に宅急便で速攻届きました。

8個口で。

通販の多い我が家はヤマト運輸からいつも事前に電話連絡が来るのだが、このときばかりは

うじさん、今日はとんでもないものがきてますが?

と言われる。

まあ、そりゃそうだ・・・。

IMG_1273.JPG

プレートラックも一緒に購入。

シンプルに収まるし見た目も良い感じ。

 

IMG_1278.JPG

早速デッドリフト三昧ですが、何にも縛られずバーベルトレーニングできるのはこんなに楽なのかと。

これでスクワットとベンチプレスさえできればジムに通う必要はもう無さそう。

IMG_1282.JPG IMG_1283.JPG

 自宅トレーニングの唯一の妨害相手がニャンコ様。

バーベルの下敷きになったら危ないのであまりトレーニング中は来てほしくないのですが・・・。

バーベルを使ったBIG3トレーニングはこのサイトを参考にしてみてください。

athletebody.jp

トレッドミルは・・・

こんばんわ、うじです。

トレッドミルはすっかりお気に入りのようです。

この子とか。

この子とか。

走行面が毛だらけになりそうですが布をかけてもオシッコされたら嫌ですし悩ましいところです。

ゆかちもテレビを観ながら愛用しているようです。

振動も意外と少なく真上の寝室で寝ていても我慢できるレベルです。

我々家族は転勤族なのですが夫婦二人で4LDKの一軒家を借りて住んでいるのにも関わらず室内がどんどん狭くなってきています。

次の転勤が恐ろしくて引っ越しとか考えたくないです。

大量のキャンプ道具をはじめとして

これとか

これとか

コレとか・・・。

あー恐ろしくて考えたくない。

トレッドミルがやってきた

前々から嫁のゆかちが欲しがっていた家庭用のトレッドミル(ルームランナー)をついに購入してしまいました・・・。

アルペンブランドのIGNIO トレッドミルR-16Sです。

家庭用のトレッドミルとしては価格と性能のバランスが良く圧倒的な人気で、実際にスポーツデポアルペンで試すこともできます。

我々は店頭で受け取りしましたが、梱包サイズはかなり大きく広いMPVでも3列目シートと2列目シートをフラットにしてぎりぎりでした。

店員さんは3人がかりで積み込んでくれました。

二人がかりでなんとか自宅に搬入。

この上に乗るなと書いてあるのにすぐ乗る猫たち・・・。

箱から出したところ。

マットは専用のものをセットで購入しました。

セッティングはボルトを上下2箇所ずつ止めてドリンクホルダーをはめるだけで簡単です。

ゆかちのダイエット大作戦のはじまりはじまり~。

がんばってくれることを祈ります。