増水大歩危は・・・

まいど、うじです。

いつもどおりですが久しぶりの大歩危です。

いや、先週も漕ぐつもりでしたが若干多めの小歩危だったのでパスしました。

隊長の愛艇がお亡くなりになったり、鮎戸の瀬で普段は絶対沈脱しないような方が沈脱したりと大変だったようでいかなくて大正解でしたが・・・。

豊永下段の瀬

大豊水位1.6m、池田流入量約200tということで気になっていた豊永下段の人工物がどうなってるか下見。

完全に沈んでいてホールもなっていませんでした。

これより減るとホールになりそうなかんじなのでやはり1m~1.5m付近は要注意です。

エースはMixMasterです

メンバーはBOKEFUN2名とFRC2名です。

増水していたのでFRCが来ていることを期待していたのですが、ちゃんと来ていました。

流石です。

1.6mくらいになると豊永上下段はやや潰れ気味になるので右岸よりにいけば下りやすい。

三段の瀬と岩原の瀬は大迫力で楽しい。

大久保(?)でしょうか。

場所がはっきりしませんが一番形は良かったけどちょっとエントリーしにくい。

波をみて思い出しましたが、隊長が原付でサーフィンしていてカヌー協会から怒られるという謎の夢を見ました。

スクーターで(川の波の上で)サーフィンできる時点で我輩の脳内では隊長はかなり神格化されているようです。

国境の瀬

国境の瀬はホール濁で嫌な状態。

二人共スカウティングなしでいくのでグダグダです(笑)

エースは補正してベストコースを行きました。

流石はエースです。

さて、我輩ですが・・・。

スカウティングしながら微妙にエントリーに失敗して粗沈。

そのままロールも失敗しまくりホールに捕まりまくり沈脱。

沈脱後もなかなか水面にでなくて地獄をみました。

忘れてましたが、増水時は沈脱厳禁です。

後は平和に下って14時頃ゴール。

ベンヘルプは多すぎて潰れかけてました。

もう少し少なくないとだめみたいです。

閑話休題、猪ノ鼻峠ですが香川県側の猪ノ鼻トンネルは工事が終了していました。

残すは徳島県側のみです。

開通は2020年度中となっており正式な日程はまだ公開されておりませんが待ち遠しいです。

さらばBioBioⅡ

昨年の大歩危で使用していらい空気漏れが酷かったBioBioⅡですが、修理に出したところ修理不能の回答が・・・。

現在使用していたBioBioⅡは接着剤の不良ロットに当たり、新品交換となったものでしたが結局不具合は解消されず再度回収ロット扱いになったようです。

既に廃盤となっているモデルで代替品もなく後継品もない為、補償対応で終了。

乗った回数は数えるほどですが、そのコンセプト通り手軽に激流を味わえるとても良いインフレータブルカヤック(ダッキー)でした。

嫁のゆかちを始めとしてゲストを交えて川下りを存分に楽しませてもらったので、急になくなってしまうと寂しい限り。

後継艇どうしよう・・・。

2019年大歩危夏水位

まいど、うじです。

本日は今年3回目の大歩危へ。

実に過去最低のペースだ。

久しぶりだと必ず忘れるのがカメラ。

前回も忘れて今回も忘れている。

というわけでスタートと休憩とゴール以外は写真はない。

まあ久しぶりなのでその方が安全かも・・・。

夏水位の三段の瀬

大豊水位52cmと夏水位とはいっても控えめ。

今年は早明浦ダムの貯水量も少ないし、雨も少ないので全体的に低め。

豊永下段の人工物を抜けたところで粗沈したら隊長に

話にならんな!

と罵られる。

久しぶりでも隊長は容赦ない。

三段の瀬ではカメラセットされたので隊長の

さっさと入らんか!

という視線を避けつつ、我輩と O教授はおとなしく見学。

漕ぐのが久しぶり、久しぶりの夏水位、久しぶりのロングという久しぶりトリプル3が揃っている以上ここで体力を使うわけにはいかないのだ。

三段の瀬では皆激しく回転していた。

久しぶりに広島から来られたO教授。

遠いところからわざわざ来てくれてありがたい。

今年から那賀町に引っ越してなんと片道4時間もかけてきている役人。

とても四国内の距離とは思えない。

去年までは三好市に住んでいて片道30分しかかからなかったときはほとんど来なかったのになぜ今になって・・・。

謎は深まるばかりである。

ゴールしたのは15時15分頃。

久しぶりの大歩危ロングだったが、沈したのは豊永下段の瀬と下名上段の瀬だけで後半はだいぶ感覚が戻ってきたかんじ。

思ったより衰えてなくて良かった~。

さて、上がろうと思っていたら・・・。

まんなかの瀬のウェーブを指差し

何しとる、いいウェーブがあるぞ!

と。

いや、隊長。みんな上がってますから・・・。

この夏も長そうです(笑)

2019年初漕ぎ

ご無沙汰しておりました、うじです。

この冬は薪ストーブ用の薪作りとタケノコ農園を作るための竹林整備に精を出しておりまったく時間がとれず、約4ヶ月ぶりに大歩危に戻ってまいりました。

まんなかは既に鯉のぼりが

今日はとても暖かく春を通り越して夏の陽気。

ダウンリバー日和です。

リハビリなので小歩危は嫌ですとタダをこねて大歩危でお願いしました。

岩原につくと衝撃の事件が・・・。

我が故郷MOC岩原が閉鎖していました・・・。

3月31日をもって営業終了したとのことでした。

昨年度は小歩危のラフティングがなくなったりと縮小傾向だったのは気になっていましたが、非常に残念なことです。

今後は建設中の本山ベースがメインになっていくのでしょうね。

なお、跡地にはTOPSが移転してくるとのことでした。

豊永下段の瀬

コースは豊永から岩原のショートコースです。

このコースを漕ぐのは約半年ぶりでしょうか。

左岸のがけ崩れはさらに進んでおり、大きな人工物がコース中盤でど真ん中を塞いでいます。

これまでは中央から右岸よりに漕いでいれば良かったのですが、低水位時は左右へ移動しなくてはならない状況が多く非常にテクニカルなコースになった気がします。

加えて浅いので初心者泣かせだなと感じました。

早明浦ダム放流後の夏水位は人工物は水面下に沈むとのことですが、後ろに凶悪なホールができる可能性もあるので油断できませんね。

久しぶりなので忘れ物をしないように気をつけていったのですが、やはり何かは忘れてしまうようでカメラを忘れていました。

というわけでダウンリバー中の写真は一切とれず。

岩原の桜並木

久しぶりのダウンリバーなので若干不安はありましたが、低水位だったのもあり無難に漕ぎ終わりました。

ロールも特に問題なくあがったので良かったです。

しかしこの時期のダウンリバーは花粉を大量に浴びてしまうので夜から翌日にかけて体調が悪化してしまうのが難点ですが・・・。

さて、これから本格復帰といいたいところですが来週からゴールデンウィークにかけてタケノコの収穫と、故郷北海道からの来客が重なっているため本格復帰は5月中旬になりそうです。

そこからは再び川遊びを楽しんでいこうと思っています。

漕ぎ納めは・・・

まいど、うじです。

12月頭からさっそくインフルエンザに感染してしまい、その後も咳がとまらず長期療養してました。

3連休の中日は漕ぎ納めにはちょうど良さそうな天気なのですが、体調が全快というわけでもないのでイマイチテンションが上がりません。

悩んでいるとゆかちから

「行かないならカヤック道具売りますよ?」

と厳しい指導が(汗)

堂床スタート

というわけで一ヶ月半ぶりの吉野川です。

最近は森囲いの瀬の下段にあるウェーブが良いらしく、小歩危ショートです。

ああ、怖い。

鉄橋の瀬

鉄橋の瀬をなんとか下り・・・

森囲いの瀬へ・・・

大嫌いな森囲いの瀬にやってきました。

スカウティングするか悩みましたが、悪いイメージが増長する可能性もありNGO氏のラインを着いていく選択をしました。

今思えばメンタルはこの時点で完全にアウトでした。

撃沈

入り口にあるエディを取りそこね、素沈。

そのままロールに一回失敗したところで左足が抜けました。

もうこれは絶対アカンということで即沈脱!

森囲いの瀬を12月末にほぼ最初から最後までフルコースで泳ぐという偉業を達成しました、チーン。

パドルロスト危機

パドルがなかなか見つからずこれは手漕ぎか?と焦りましたが少し下のエディで発見されました。

みなさまありがとうございました。

森囲いウェーブ

その後は気を取り直して森囲いウェーブにチャレンジです。

とにかく激しいの一言。

エントリーは比較的容易ですが、荒れていてすぐにひっくり返される上に下段も荒れているのでロールしにくい。

パワーもすごくあり、沈したときに結構な衝撃でダメージを受けます(笑)

く、首が痛い・・・。

直前に水泳を楽しんで体力を消耗しているのでほどほどにしておきました。

2段の瀬手前で上陸

2段の瀬手前で上陸して終了です。


無事というかはちょっと微妙なのですが、2018年も無事に漕ぎ納めました。

水泳で多少カラダを打ちましたが、沈したまま低水位の森囲いを流されるのは致命的なダメージを受ける可能性があるので即沈脱を決めたのは正解だったと思います。

ただ、悪いイメージしかない状態で森囲いの瀬に突入したのは反省点がありました。

素直にスカウティングして、エディを取らずにエントリーすべきだったのかもしれません。

それ以前に今日からフルドライスーツに変えてインナーもガッツリ着込んでいるのでカヤックのフィッティングがかなりアバウトでした。

漕ぐにつれ濡れるのもありフィッティングがゆるくなっていたはずなのでこの状態で森囲いの瀬で初沈すればそりゃ膝も抜けるのは当然です。

例によって慢心うじおさんです。

そもそも森囲いの瀬を無沈で抜けたことがまだありません。そんな瀬に対しての心構えがなっていなかったと久しぶりに反省しました。

あーあーあああああああー!!(心の叫び)