大増水大歩危ロングコース 豊永-まんなか

 こんにちは、うじです。

週末に四国に直撃した台風のおかげで吉野川は大増水。

日曜日の定例会で漕ぎたかったのだが、服役中の為どうしたものかと悩む。

脱獄も考えたがその後が怖いのでパス。

土曜日にショッピングモール巡りをして仮釈放をもらう方向で。

 

9:00 出発

10:00 三井アウトレットパーク倉敷

13:00 イオンモール岡山

20:30 イオンモール倉敷

23:00 帰宅

・・・ハードでしたがこれでなんとか一日限りの仮釈放をいただく。

 

というわけであまり体力が回復しない状態で大歩危へ。

水位は出発地点で2.14mと前回の倍。

更にがんがん放流が始まっているので時間と共に増加中。

当然ラフティングの小歩危コースは中止なのですべて豊永に集まっており大混雑。

 

豊永上段の川幅は倍近くなっている。

 

ものすごい緊張で吐き気が止まらない。

「オエッ」と10回ほどえずきながら豊永上段の瀬に突入。

 

続いて豊永下段。

左岸側は凄まじい返し波になっているので右岸よりで通過。

とにかく瀬の流れが早くいつもは長く感じる豊永下段の瀬があっという間に終わる。

 

ラフトがフリップしていたのでメンバーがヘルプに。

我輩も・・・とフェリーグライドで対岸に渡ろうとしたらずーっと下まで流されて役立たずもいいところ

瀞場の流れも半端ない。

 

一段落して出発。

本日のメンバー10名也。

 

こんな増水でもOC1な方がおられます。

神としかいいようがない。

 

三段の瀬はスカウティングかとおもいきやそのまま中央突破の指示。

 

岩原の瀬で沈脱してしまったOC1はなんとメンバーが周りを囲ってその場で再乗艇してしまう。

我輩も・・・、いや我輩が固定に加わるとロクなことにならないので止めておく。

 

大久保ホールで昼食タイム。

ダイブツさん、アド主様、ヨシコさんもここで合流。

 

そして国境の瀬。

いつもは岩でゴロゴロしているのだがこの水位だと完全に水没。

この時点での大豊水位は2.99と3m近くまで上昇している。

 

 全員スカウティングというレアな光景。

 

一番乗りはやはり隊長。

真ん中のホール目当てだが、ボンッと出されてしまう。

しかしそれでも後ろ向きで下ってくあたりが超絶変態すぎる。

 

二番手は軍師。

隊長と同じホールに挑みますが失敗してしまいその後はこれでもかといわんばかりに揉み揉みされている。

 

w

続いてMOCの先輩、O好さん。

右岸側の比較的安全ルートから突入も撃沈。

最後は脱ってましたが、これはもう仕方がないですね・・・。

天のいたずらかO好さんがこっそり我輩のカメラに細工をしたのかわからないが、残念ながら脱シーンは撮れていなかった。

ほとんどのメンバーが撃沈していて見応えがある国境の瀬だった。

我輩も右岸の安全ルートに突っ込み一発目の落ち込みは奇跡的に抜けたが、その後すぐに撃沈。

 

ラフトも安全な右岸ルートを抜けていく。

 

 隊長は担いでもう一度アタック。

これだけの水位でも隊長には余裕のオーラが出ていて恐ろしい。

 

この水位で皆が期待していたマッコイホール。

マッコイってなんだろう・・・と疑問の我輩。

ここで1時間半は遊ぶ。

 

我輩も何度かトライしましたが、一度だけしかエントリーできなかった。

なによりフェリーがダメすぎる。

 

珈琲館下から下名の瀬までは本来瀞場なのだが、この水位だと瀞場だということすら忘れてしまう流速で下名の瀬に突入。

 

そして下名の瀬からまんなかの瀬まではエンドレスで瀬が続く&湧きが酷く不安定で超ハード。

へろへろになりながらなんとかまんなかの瀬まで辿り着く。

 

上陸していたらアド主様の艇がまんなかの瀬を通りすぎて行く。

どうやら下名の瀬で沈脱してしまったようでダイブツさんと隊長が堂床スロープで回収。

アド主様は大歩危橋あたりで上がれたようだが、艇とパドルは4キロ近く流されたことになる。

カラダも満足に浮かずに水中に引き込まれて大変だったそうだ。

 

今回大豊水位2-3mの大歩危を初めて漕いだのだが、感じたことを箇条書きしてみる。

  • 瀬の激しさは勿論だが、何より川自体の流速が半端でない。それによってエディや瀞場ですら油断ができない。
  • 水位が変わると普段みている川の景色が全然違う。
  • 普段の水位で存在していた瀬でも完全に瀞場になってしまうところがある。今回はベンヘルプ、オーバーハング、お昼の瀬は完全に瀞場になっていた。
  • 増水時は沈脱厳禁と言われている意味が良くわかった気がする。

 

自分の課題は相変わらず。

バランスを崩しまくり沈が多すぎて危険である。

今回は岩に当たることはなかったが、この流速で激突するとかなりのダメージを負いかねない。

もっと修行しなくては。

ロールの安定度だけは自信があるのがせめてもの救いだけど。

 

 

池田ダム流入量 (10:00) 436.48t  (15:00) 553.00t (16:00) 656.36t

大豊水位計 (10:00) 2.14m  (15:00) 3.06(16:00) 2.79m

下名水位計 (10:00) 3.84m  (15:00) 5.05m (16:00) 5.06m

大豊水温計 (10:00) 18.3度 (15:00) 19.0度 (16:00) 19.2度

コメントを残す