ビオビオⅡ

先週末に試乗させてもらったビオビオⅡ。

ずっと気になっていた艇だ。

今回試乗させてもらって思ったことを書いてみる。

f:id:miz_shosa:20140824122857j:plain

まず感じたのは抜群の安定性。

ホワイトウォーターカヤックとはまったくの別物なので比べても仕方がないのだが、普通の流れの中では沈とは無縁の乗り物だ。

ドレンホールがついているので常に水浸しな状態ではあるが座面は少し高くなっているのでお尻のあたりは常時水に浸かっているわけではない。

そして真価を発揮するのは間違いなく瀬。

高波を受けてもびくともしないし、どんなに水をかぶってもそのまま排水されていく。

これはゴムボートではなく、ラフトボートの二人乗り版だなと感じた。

98000円(税別)という価格はゴムボートとしてみるとかなり高く感じるのだが、ラフトボートだと思うと納得できる。

 

弱点はやはりその喫水の浅さとボディサイズによる直進性の悪さ。一人だと結構大変でこれが向かい風だと最悪だった。

後はオプションで両膝を固定するベルトがあるのだがこれが異様に高いこと。

一セットくらいは付属でも良いと思う。

 

でも嫁と二人でツーリングをしたり、軽い瀬遊びをするには最適な乗り物だと実感した。

インフレータブルなので持ち運びも便利だし、遊びにきた友人にも気軽に楽しんでもらうこともできる。

次のセールが待ち遠しい(笑)

 

 

コメントを残す