ホワイトウォーターカヤック装備その2

カヤックは初期投資はかかるが、始めてしまえばあまりお金がかからない。

・・・というのは嘘で、始めてしまうと次から次へといろんなものがほしくなる。

物欲の強い人間にはこの言い訳はあってないようなものだとつくづく思う我輩であった。

 

そんなわけで先日のイオンカードでのお支払い10%セールの際に買ったものを紹介。

 

f:id:miz_shosa:20141007173327j:plain

f:id:miz_shosa:20141006120027j:plain

アウターウェア

モンベル

ハイドロブリーズパドリングジャケット L  & パンツ M

春、秋向けのセミドライウェア。

着た感じではとても温かいが、川に浸かればそれなりに水も入ってくる。

四国では12月~2月くらいを除けばコレで行けるという人もいれば、(沈しなければ)通年コレで行けるという人もいる。

我輩は11月~4月は未体験ゾーンなのでなんともいえないが、行けるところまでコレでいって物足りなければフルドライを諦めて買うかもしれない。

※その後12月に沈脱して地獄をみたのでフルドライを買った。

 

 しかしモンベルのウォータースポーツ用のデザインは価格は良いのだが、素晴らしくダサい。

どこがFashion is Beautyだといいたいくらいにダサい。

モンベル関係者の話によると某会長が機能がすべてだと素敵なデザインの提案をことごとく却下しているそうだ。

f:id:miz_shosa:20120418094842j:plain

ツーリングパドル

harmony

アドベンチャーカモフラージュTAP 235

ビオビオⅡ用に購入したパドル。

そもそもビオビオⅡはホワイトウォーター依りの艇なのだが、その全幅から考えるとホワイトウォーターパドルは短すぎて辛いので、使用するのはツーリング用のパドルが良いらしい。

使用感はまだよくわかりません・・・。

 

f:id:miz_shosa:20141006120029j:plain

レスキューギア

モンベル

ガイドロープ 16m

ロープとベルトのセット品。

本格的にツーリングを始めるようになったので購入。

これがないと万が一誰かが流されている現場に遭遇しても、ただ見ていることしかできなくなるのでパドラーとして絶対に常備しておくべきと教わった。

まさにその通りだと思う。

持っているだけではなく、ときどき投げる練習もしておこう。

 

f:id:miz_shosa:20141006120028j:plain

レスキューギア

モンベル

カウテール

他の艇を牽引する為のフック。

これをつけると少しうまくなったような気がするが、多分気のせい。

自分が助けられた以上に、誰かを助けてあげるその心意気が大事。

これもつけて実際に牽引することと、緊急時にすばやくリリースする練習(むしろこっち重要)が必要である。

 

f:id:miz_shosa:20141006120026j:plain

カラビナ

トランゴ

NEOクラシックHMSスクリュー

ビオビオⅡのスターンにドライバッグを固定するために購入。

念のためにロック式にした。

張り付いた艇を剥がすときにはもっと強度の高いカラピナが必要らしいが、現時点ではそこまでは考慮しないでおく。

 

コメントを残す