四万十川ツーリング&キャンプ

再び収監されたうじです、こんにちは。

8月は四万十定例会をお休みしましたが、知人とキャンプ&軽く漕ぎたいという話になり、ふるさと交流センターへ行ってきました。

 

土日の天気は最高に良く、川遊び日和。

いつも通りにパーティーシェード360を使用します。

ゆかちの靴の脱ぎ方が悪いのは仕様です。

 

今回初張りのREVOタープ600。

ヘキサタープは初めて購入したのでなかなかうまく張れません。

ふるさと交流センターで張るとそれほど大きく感じませんが、ガイロープの専有幅を考えるとゆとりのあるキャンプサイトでしか使えませんね。

今回は暑かったので実験しませんでしたが、今度この下にパーティーシェード360をぶち込み、耐水圧の弱さをカバーできないか暴挙実験を行ってみます。

 

トラブルを起こして修理扱いになったビオビオⅡが戻ってきました。

というか新品になってます。

まあ、使用していた接着剤に問題があったということなので、今は剥がれてない箇所も剥がれてくる可能性があることを考えると、新品交換したほうが早いという結論のようです。

 

設営を済ませ2時すぎからダウンリバー開始。

三島消防署下のスロープからスタートです。

参加メンバーはモンベルのI夫妻、同僚のK夫妻、現地で見かけた福岡モンベルマリノアシティ店勤務の親子の方を加え4組です。

O野さんとその弟子も参加予定でしたがこちらの出発が遅れた為、先に下られました。

待ってもらっていたのに申し訳ないことをしました。

 

それにしても水が汚いです。

かなり濁っているし、匂いもキツい。

しばらく雨がないせいでしょうか、顔をつけるのもためらわれるほどでした。

ここまで濁っているのは四万十川に通い続けて1年ちょいで初めてです。

水はぬるかったので瀞場は川に浮かびながらのんびりと流されたりして3時間近くかけて下りました。

 

夜は合流した当ブログのイメージキャラクターO西くんを加え、BBQとお酒を楽しみます。

思ったより涼しく快適晩餐会となりました。

 

そして遅れてきたO西くんが寝床の準備をします。

「今晩は雨降らないよね?」と気にしています。

どうやら雨むきではないテントを張るようです。

「ツェルトでも張るの?」と聞くとツェルトではないとのこと。

一体どんなテントで寝るのでしょうか・・・。

 

2日目

 

翌朝6時。

やはりキャンプの朝は早くから目が覚めます。

朝靄がかかっていて幻想的な風景の中、キャンプサイトをぶらぶらします。

 

おやっ、手前に謎のテントらしきものがありますね。

あれはなんでしょうか・・・。

近づいてみます。

 

 

・・・。

 

・・・・・。

 

な、なんじゃこりゃーー!!

 

とてもテントと呼べる代物ではありません。

というかただの蚊帳です。

思わずカメラを連写します。

 

O西くんはプライバシーの侵害だ!!とクレームを言っています。

 

いや、このテントに寝ること自体、プライバシーを放棄していると思うのだが・・・。

むしろ、皆にこの姿を見せたいというドMプレイとしか思えない。

 

さらに良くみると、覆われているのは上部だけで地面はただの芝生です。

つまり、飛んでくる虫は防げますが、地面を這ってくる虫にはまったく無力です。

聞くとテントの中にクモが10匹くらいいたりするとか・・・、ヒィ。

当然ながら通り雨が降ればびしょぬれですし、夜露でさえ濡れてしまいます。。

このテントで寝れるとはO西くん、なかなかのです。

 

ちなみに満点の星空をみながら寝れて最高だといってましたが一瞬で寝てしまったそうです、意味ねー。

 

水位は80cm弱。

水も相変わらず濁っています。

二日目も同じコースでダウンリバーしました。

のんびり流されて終了。

 

帰りに四万十大正鮎まつりに立ち寄りました。

鮎の塩焼きが美味しかったです。

四万十川ツーリング&キャンプ」への4件のフィードバック

  1. ご一緒したマリノア店員です
    四万十のブログを拝見していたところ私の姿を発見.
    先日は大変お世話になりました!
    父も大変喜んでおりました.
    貴重な体験をさせていただき,
    親子ともども御礼申し上げます.
    本当にありがとうございました!
    次はリバー艇で再チャレンジします!

  2. マリノア店員さま>
    発見していただきありがとうございます。
    出発に遅れ、更にのんびり流れたせいで終了予定が大幅に押してしまい帰りが遅くなったので心配してました。
    ご迷惑をおかけしました。
    無事にアリュートで通過できて良かったです。
    最後の大材の瀬はアリュートで突っ込むと大破する可能性があったので抜けた時はホッとしました(笑)
    ぜひリバー艇でまた四国の川に遊びにきて下さい。
    そして来るときはぜひお声をかけて下さい。

コメントを残す