今年一番の・・・?

まいど、うじです。

早明浦ダムの放水もはじまり、天気も良くダウンリバーには最高の週末となりました。

というわけで集まったメンバーはBOKEFUNが9名に広島方面から2名、FRC6名の計17名と超大所帯。

 

17名もいれば変なカヤック(カヌー)の1艇や2艇あってもおかしくはありません。

 

FRCは豊永で着替えてから回送方式をとったので我々が先に出発。

三段の瀬でお待ちしております。

 

標準夏水位の豊永からスタート。

この夏は下段も数箇所ずつエディをとりながら下るのが目標です。

釣り解禁から最初の週末ですが、豊永では一組のみでした。

 

三段の瀬を下ります。

ここでFRCを合流するのを待ちます。

 

隊長がカメラをセットし終わったあたりでFRCが下ってきました。

 

エース降臨、6月に入ったばかりというのに既に半袖です・・・。

我輩は本日からフルドライをやめセミドライに変えたばかりですが、まさかの半袖とは恐れ入ります。

 

そういえばこの方も半袖でしたが彼は四万十川に住んでいるので比較対象から除外。

 

スポットは難しい。

ちょっと右岸へ寄りすぎるとすぐ落とされてしまって大変です。

 

待機組もいっぱい。

まだまだ先が長いので余力を残しておかないといけませんね。

 

暖かくなったせいか謎の岩プレイをする変な人も・・・。

参加者が多いと変な写真がいっぱい撮れてよいです。

特に沈脱とか期待大です。

 

岩原は撃沈ラッシュ。

17艇も下ってきたのでモンベルのデッキから見ていたら見応えがあったと思います。

 

国境の瀬もネタを期待してカメラ待機。

 

まさかの隊長の珍(沈)ショットが拝めました。

 

ああっ!!

 

セーフ!!(ちっ)

 

国境の瀬で休憩しつつウェーブで遊びます。

今日は入りにくいし、回しにくいようです(回せないけど)

 

後半戦も先頭を下ってチャンス(?)をうかがいます。

 

ベイで四万十の主は早退。

今日も静水しまくりでしたね。

 

下名上段でラインを大きく左岸よりにかわしたら隊長に晒されました

あれは流速を越えて漕ぎ危険なラインを外すためのトレーニングです(笑)

 

ここまでは残念ながら皆順調に下ってきます。

もうこうなったらラピス下の瀬とまんなかの瀬にかけるしかありません。

 

先行する三人組が全員派手に撃沈しましたが華麗にロールアップ。

 

全員クリアです。

 

そして最後はまんなかの瀬です。

ここで想定外の事態発生。

なんと隊長がエディキャッチに失敗してどんぶらこ~と流れてくるではありませんか。

隊長はほぼネタにならないのでピントをあわせていませんでした、残念っ!!

岸壁ギリギリを流れてきたのでみてるだけでヒヤヒヤしました。

 

N部長もラピスに続いて撃沈。

 

17人もいながら沈脱0でゴールするという素晴らしい(最悪)な結果となりました。

お疲れ様でした。

 

池田ダム流入量 (10:00) 58.20t (15:00) 61.73t

大豊水位計 (10:00) 0.74m (15:00) 0.78m

下名水位計 (10:00) 1.93m (15:00) 1.93m

大豊水温計 (10:00) 16.0℃ (15:00) 16.4℃

 

 

コメントを残す