2019年初漕ぎ

ご無沙汰しておりました、うじです。

この冬は薪ストーブ用の薪作りとタケノコ農園を作るための竹林整備に精を出しておりまったく時間がとれず、約4ヶ月ぶりに大歩危に戻ってまいりました。

まんなかは既に鯉のぼりが

今日はとても暖かく春を通り越して夏の陽気。

ダウンリバー日和です。

リハビリなので小歩危は嫌ですとタダをこねて大歩危でお願いしました。

岩原につくと衝撃の事件が・・・。

我が故郷MOC岩原が閉鎖していました・・・。

3月31日をもって営業終了したとのことでした。

昨年度は小歩危のラフティングがなくなったりと縮小傾向だったのは気になっていましたが、非常に残念なことです。

今後は建設中の本山ベースがメインになっていくのでしょうね。

なお、跡地にはTOPSが移転してくるとのことでした。

豊永下段の瀬

コースは豊永から岩原のショートコースです。

このコースを漕ぐのは約半年ぶりでしょうか。

左岸のがけ崩れはさらに進んでおり、大きな人工物がコース中盤でど真ん中を塞いでいます。

これまでは中央から右岸よりに漕いでいれば良かったのですが、低水位時は左右へ移動しなくてはならない状況が多く非常にテクニカルなコースになった気がします。

加えて浅いので初心者泣かせだなと感じました。

早明浦ダム放流後の夏水位は人工物は水面下に沈むとのことですが、後ろに凶悪なホールができる可能性もあるので油断できませんね。

久しぶりなので忘れ物をしないように気をつけていったのですが、やはり何かは忘れてしまうようでカメラを忘れていました。

というわけでダウンリバー中の写真は一切とれず。

岩原の桜並木

久しぶりのダウンリバーなので若干不安はありましたが、低水位だったのもあり無難に漕ぎ終わりました。

ロールも特に問題なくあがったので良かったです。

しかしこの時期のダウンリバーは花粉を大量に浴びてしまうので夜から翌日にかけて体調が悪化してしまうのが難点ですが・・・。

さて、これから本格復帰といいたいところですが来週からゴールデンウィークにかけてタケノコの収穫と、故郷北海道からの来客が重なっているため本格復帰は5月中旬になりそうです。

そこからは再び川遊びを楽しんでいこうと思っています。

コメントを残す