2019年大歩危夏水位

まいど、うじです。

本日は今年3回目の大歩危へ。

実に過去最低のペースだ。

久しぶりだと必ず忘れるのがカメラ。

前回も忘れて今回も忘れている。

というわけでスタートと休憩とゴール以外は写真はない。

まあ久しぶりなのでその方が安全かも・・・。

夏水位の三段の瀬

大豊水位52cmと夏水位とはいっても控えめ。

今年は早明浦ダムの貯水量も少ないし、雨も少ないので全体的に低め。

豊永下段の人工物を抜けたところで粗沈したら隊長に

話にならんな!

と罵られる。

久しぶりでも隊長は容赦ない。

三段の瀬ではカメラセットされたので隊長の

さっさと入らんか!

という視線を避けつつ、我輩と O教授はおとなしく見学。

漕ぐのが久しぶり、久しぶりの夏水位、久しぶりのロングという久しぶりトリプル3が揃っている以上ここで体力を使うわけにはいかないのだ。

三段の瀬では皆激しく回転していた。

久しぶりに広島から来られたO教授。

遠いところからわざわざ来てくれてありがたい。

今年から那賀町に引っ越してなんと片道4時間もかけてきている役人。

とても四国内の距離とは思えない。

去年までは三好市に住んでいて片道30分しかかからなかったときはほとんど来なかったのになぜ今になって・・・。

謎は深まるばかりである。

ゴールしたのは15時15分頃。

久しぶりの大歩危ロングだったが、沈したのは豊永下段の瀬と下名上段の瀬だけで後半はだいぶ感覚が戻ってきたかんじ。

思ったより衰えてなくて良かった~。

さて、上がろうと思っていたら・・・。

まんなかの瀬のウェーブを指差し

何しとる、いいウェーブがあるぞ!

と。

いや、隊長。みんな上がってますから・・・。

この夏も長そうです(笑)

2019年大歩危夏水位」への2件のフィードバック

  1. 久しぶりのアップ楽しみにしてました。
    吉野川を下るって、厳しく体育系でいかないと危ないですもんね。
    楽しいのと危険は何時も隣り合わせですし。目が覚める良いショットです。

    • このようにまるで更新しないブログをみていただきありがとうございます。
      BOKEに限らずですがこの5年間で川下りは慢心が怪我や事故を招くことがようやく身にしみてきました。
      小歩危欲もなくなってきたので実力がつく日までは大歩危で練習を積むつもりです。

うじ にコメントする コメントをキャンセル